アークテリクスの大本命ジャケット入荷! Arc'teryx / Squamish Pullover アークテリクス スコーミッシュ・プルオーバー

P5040003_サイズ変更 P5040001_サイズ変更 P5040006_サイズ変更 P5040005_サイズ変更

 

Arc'teryx / Squamish Pullover / rio red,black / XS,S,M,L / 26,250 yen

 

ブラックのXSサイズ1枚のみ残っております。他のサイズはSOLD OUTになります。

 

このアイテムだけ何故か生産が遅れていたようだが、全2色でやっと入荷!多くの人が某P社のフーディニJKTと比べて悩むところであるが、さてどちらにするか?ほとんどの人が、まず言うのは、プルオーバーはちょっと・・・やっぱり、着易さで考えるとフルジップでしょ!ってなるのだが、このスコーミッシュはかなり下部までジッパーが下がるので、実は着てみると全然気にならないほど着脱が楽。また、P社では全くといっていいほど生地が伸びないのに対して、メカニカルストレッチ(繊維の織り方によりストレッチを出す方法)仕様なので、クライミング、バックカントリー時などの手を上げる動作が物凄い楽になる。バックカントリーのハイクアップ時などのストックワークにはすごく調子良い。もう一つ優れた点は、悪天候時のフードのフィット感と作りの良さ。重量は数十グラムほどこれで重くなっているのだろうが、雨や雪を防いでくれるストームフードデザインで、きちんとツバまで作り込まれている。もちろん、超撥水加工済みなので、多少の雨や雪ならレインウェアいらずで行動できる。撥水加工が落ちてきたと感じれば、洗濯してから乾燥機の中温くらいで回せば撥水加工が復活するという仕組み。

 


今シーズンより、ユニセックス仕様となり、身長の低い方や女性のためにXSサイズも加わった。ジャケット全体のフォルムもリバイスドされ、今までのモデルよりすっきりとしたシルエットになっており、これだけの機能を持ちながらわずか149g(Mサイズ)という驚異的な軽さとなっている。カラーはリオレッド、ブラックの2色展開。

 


P5040008_サイズ変更 

 

普通のプルオーバーとは異なり、下部まで下がるジッパーなので全然問題ない。体温調節をする時は、ジッパーの開閉のみで耐えられないときは、結局は脱ぐはめになるので、フルジップと比べてもさほど気にならない。唯一、トレイルラン時にパックを背負ったまんまでパックごと背中からジャケットを背負ってしまう石川流スタイルには適応しないので、あしからず。

 

P5040007_サイズ変更 

 

腕を通す部分もダイカット・ベルクロ・カフ仕様で、アークらしい美しい仕上がりになっている。

 

P5040010_サイズ変更 

 

悪天候時のかなり強い味方となってくれるフード。ツバまで付いているのでいい雨よけとなる。何といっても、フードのフィット感が素晴らしい。

 

P5040014_サイズ変更 

 

ジャケット前面部分にあるポケットに本体を簡単に収納できる。もちろん、入れやすくするためにポケットのマチは大きく作られているため、もっと小さくしようと思えばこの半分位のサイズになってしまう。

 

これだけ見ると、P社のフーデイニよりこのスコーミッシュの方がよく感じてしまうかもしれないが、フーディニはフーディニでフルジップという点や、軽さという点など、良い点もたくさんあるので、最終的にはお金の相談と、各ブランドの好き加減?カラー、デザインで決まるのかな?

 

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/569-ed34838a

FC2Ad