全サイズ再入荷!携帯が非常に便利な軽量ウォーターボトル Evernew / Water Carry ウォーターキャリー

P5230031.jpg P5230033.jpg P5230035.jpg


Evernew / Water Carry / 600ml / 600 yen+tax
Evernew / Water Carry / 900ml / 660 yen+tax
Evernew / Water Carry / 1.5l / 760 yen+tax
Evernew / Water Carry / 2.0l / 860 yen+tax


7/2現在、全容量在庫あります!これから梅雨も明けると、一気に気温も上昇し山でも水不足による熱中症になる可能性が高いです。耐久性も高いコスパが非常に高いこのタンクで山行時に備えておきましょう!また、1.5や2.0リットルの大きい容量のボトルは家に災害時の備品として備えておけば絶対に使えるはず。是非、今のうちに準備を!


この手の携帯用ウォーター・タンクは、今や数多く様々なブランドでリリースされてはいるが、日本が誇るEvernew(エバニュー)社のこのウォーター・キャリーは実にコストパフォーマンスが素晴らしい!まず本体自体の重量で驚かされるが、最大のメリットとしては、ナルゲン・ボトルやシグ・ボトルとは異なり、やはり、使用後がコンパクトに小さくになることであろう。また、この手のアイテムは耐久性に難ありってものが多いが、本体の耐久性も他社より上をいくということで、自分もかなりのヘビーユーザーである。

P5230047.jpg P5230040.jpg
 

オレンジの可愛らしいゴムコードがついているので、本体を三つ折り程度に丸めるように折りたたむ事ができる。水を汲む時にいつもどこに置くかを迷ってしまうキャップだが、これまた有難いことに紛失防止のバンドが付属している。本体自体のデザインが、水を入れた状態でも手に持ちやすいようなシェイプになっており、必然的に他社と比べるとライトウェイトにもなっている。飲み口も狭いので水が飲み易く、口栓とキャップに抗菌処理もおこなっており、これからの暑いシーズンでも雑菌の繁殖を抑えてくれる。本体自体の素材も低臭ポリエチレンを使用しており、水に樹脂の臭いが付きにくくなっているので、湧水などの山の美味しい水も長時間美味しく飲める!

 


日本よりもむしろUSAで評価が高いこの日本が誇るエバニューのウォーター・キャリーお試しあれ!水を飲むこれからの暑い夏シーズンはハイドレーション2.0リットルでも足りなくなるくらい。トレイルランニングやファストパッキング、ライトウェイトなハイキング時にはナルゲンやシグなどかさばって重い水筒は持って行きたくないもの。ソフトフラスクも最近ではHydrapak / SF750mlなどもリリースされているが、ご飯用の水や予備の水などはこんなクラッシックタイプのモノの方が使い易かったりするので、そんな縦走スタイル時は間違いなくコレ!コストパフォーマンスも抜群で、お気に入りのステッカーでチューンしたら、人との間違いも減らせるはず。

img10183821602.jpg 

 

気になる重量

600 mL  : 26 g
900 mL  : 29 g
1500 mL  : 36 g
2000 mL  : 42 g

 

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/577-57f2c584

FC2Ad