ご予約の方入荷しました!1本フリー在庫あり!冬用超撥水軽量シュラフ NANGA ナンガ完全別注 SHMWシュラフ

IMG_5031.jpg IMG_5050_201501091623195e2.jpg

Sky High Bag 600 / SPDX860FP / black / 58,000 yen+tax

ご予約の方お待たせしました!少し早めに入荷しました!ショートサイズ1本のみフリー在庫でました!


雪山登山やバックカントリースキー&スノーボードに使える厳冬期対応のハイクオリティ羽毛を600gふんだんに使用したMade in JAPANのNANGAさんへの完全別注スリーピングバッグを受注生産で予約開始!今回の予約受付で約一ヶ月ほどの納期となります。厳冬期の連休山行や春山残雪期にご使用予定の方はお早めの予約をどうぞ!SHMWにサンプルが置いてありますので、ぜひ羽毛のバフバフ感を実物を手に取って感じてください!

このアイテムに関しては、完全予約受注生産となっております。今後の生産は未定で、受付は終了しましたが、ご興味ある方は誤相談ください。

ダウン量600g採用。ボックスキルト構造+ボトム部分シングルキルト構造のハイブリッド仕様。3シーズンの高所登山から、1,000m級の冬の低所登山から、インサレーションの重ね着対応で厳冬期まで使用可能。


最適
使用温度/使用可能限界温度:-18℃/-28℃ (あくまで目安になります)
収納時サイズ:直径15×縦30㎝(寝袋同生地素材スタッフサック付属)
重量:regular 930g(shortやlongは生地重量が上下します)

ショートサイズ(最大長203×最大肩幅80cm:身長165cm以下から前後)
レギュラーサイズ(最大長210×最大肩幅80cm:身長175cm前後)
ロングサイズ(最大長228×最大肩幅85cm:身長180cm以上から前後)

IMG_4994.jpg IMG_5001.jpg IMG_5015.jpg IMG_5004.jpg

バックカントリー・スキー&スノーボードや雪山登山&キャンプ、車中泊などに大活躍する冬仕様のあったか軽量モデル。前モデルまではダウン量を550g封入していたが、今回表生地のアップデートにより耐久性と軽量化が図れた分、50g分(ダウンパンツの羽毛量と同量!)の羽毛を追加し、より保温性をパワーアップさせている!それでも、以前の550gモデルよりも軽量化が図れているのは素晴らしい!カラーはすでにSHMW / Minimalist Pantsでお馴染みの濃淡ネービーとブラックを足した感じのSexyなブラックベリーにSHMWトレードカラーでもあるスカイブルーのセンタージッパーのカラーバリエーションのみの生産。光の加減でこのブログ上の製品写真のカラーが違うように見えるかもしれませんが一緒の商品です。

以前のモデルはネックウォーマー部分がジッパーにより取り外し可能だったが、冬用モデルとしてはネックウォーマーが必要不可欠であり、軽量化のために最初から縫い付けとした。更なる軽量化とダウン量アップにも関わらず、価格がほぼ据え置きとなっている!


画像 001 画像 002 画像 003 画像 004 画像 007

今までSky High Bag550を栗城史多氏に遠征時ずっとテストしていただいていたが、かなり気に入ってもらい、過去2回の遠征において大活躍したよう。なお、クリキ・モデルとしてかなりの高所においてであると、ウェアと共に止水ジッパーの開閉の動きが少し悪くなるそうで、自分も厳冬期となると感じていた部分なので、今回のモデルも通常のノーマル・ジッパーへ変更、ネックウォーマーの縫い付けなどヴァージョンを変更しています。

以下、栗城氏より 
「スリーピングバッグのご提供を戴き、有難うございました。アンナプルナ、エベレストと過去2回の遠征で非常に気に入って使っております。  他メーカーでは、どうしても重量級になりがちなこのクラスのスリーピングバッグでこの軽さと暖かさのバランスはソロ登山にとても助かります。

高いクオリティー、永久保証という素晴らしいアフターサービスで、通の間では非常に高い評価を得ている国産シュラフ・メーカーNANGA(ナンガ)に、Sky High Mountain Worksが完全別注。現在のLIGHT&FASTのニーズに合った他では絶対に手に入れることはできないスペシャルなスリーピング・バッグ。国内で出回っているシュラフでは、デザインや優美さ、機能性(使い易さ)などのトータル・バランスで満足ができず、ダウンのスペシャリストに頼んで作っていただいている。

世界有数のグース産出国ポーランドの手摘み(ハンドピック)最高級品質860FPを使用。意外と知られていないが、羽毛という素材が持つ能力を最大限に活かすために必要なのが、高度な精製技術。その羽毛精製技術において、このナンガは他国の追従を許さないと言われるほどの高いレベルを持つ。そして、その生産工程においても、熟練の職人による丁寧な縫製が行われ、高い機密性・絶妙な仕切りの設定など、長い経験で培われたノウハウが随所に活かされている。
 

IMG_5001.jpg
 
Golight , Nunatak , Deuterなどの一部のモデルで採用されているが、国内外問わずあまり見かけないセンター・ジッパーを採用。ほとんどのシュラフは左右どちらかにファスナーが付いているが、サイドに付いているとジッパーの開閉がかなりしづらく、温度調節も容易ではない。過去にジッパーの開閉途中で引っかかったりした経験はないだろうか?このセンター・ジッパーを採用することで、このわずらわしさが解消されている。しかも、ファスナーはYKKでの強度試験にてシュラフに最も最適であると判断されたYKK5Cという頑強なタイプを採用。暑くなったり、部屋使用や車中泊などはジッパーを全開にしてキルトの掛け布団のように使用できるので、ハードコアな山行からオートキャンプ、国内外スノートリップ、スキー場での車中泊など幅広く使える。

 IMG_5031_201501091719000fd.jpg IMG_5029.jpg IMG_5025.jpg


シュラフ内の暖気が上に逃げたり、ジッパーの隙間から冷気が入り込んでしまわないように、センタージッパー横にドラフトチューブを採用し、保温力を完璧に保ってくれる。この冬用600モデルのみ、首もとから暖気が逃げないように贅沢なネックウォーマーが取り付けられている。

IMG_5008.jpg IMG_5012_20150109171802515.jpg

センタージッパーはハードシェルなどのウェア同様、ダブル・ジッパーなので寝ている途中で暑くなってきても、下のジッパーだけ開ければ容易に足が出せ、ベンチレーションとしてシュラフ内の温度調節が可能!


IMG_5015.jpg

コードロックの付いたドローコードを使用。シュラフ内の温度、頭部へのフィット感を調節可能。

IMG_5022.jpg

隠れたギミックとしては、低温下においてケータイやデジカメなどの電子機器はバッテリーはすぐにDEADするので、胸部分にベルクロ留めできる隠しポケットを付けている。夜間において大事なヘッドランプやカイロなどを入れてもGood!

IMG_5037.jpg

表裏生地をわざと濃いブラックに近いカラーを採用しているので、太陽に当てて熱を吸収させてあげておけば、就寝時は非常に温かくヌクヌクで寝ることが可能!シュラフ内が湿気てたり、汗をかいた場合はジッパーを全開にし、裏返しにしてフックで干せば、ブラックベリーという濃いカラーのおかですぐに乾いてくれる。残雪期縦走登山時も夜が寒くなるので、できるだけ天気が良い時に短時間でも干してブラックベリーの生地で熱を吸収しておけば内側の生地が太陽光をバッチリ吸収し、夜間就寝時はホンマにビックリするほど暖かく快眠できる!山の道具は昔から、黒はレスキュー時に目立たない、蜂に刺されるので止めた方がよいと言われていたが、こういう事を知っておけば、黒が悪い訳でなくシチュエーションにより、素材だけでなくカラーさえも自分自身で考えてセレクトできるはずではないだろうか。



撥水テスト映像でも分かるように、表面生地にはSHMWオリジナル超撥水パンツSHMW/Minimalist Pantsと同素材の恐ろしく強力な超撥水加工NANO tex(ナノテックス)を施した10×10デニールリップストップ高密度ナイロンを使用。通気性に富み、最高の快適性・撥水性を兼ね合わせた加工技術になる。

外側生地のNANO texだけでなく、内側生地にも贅沢にNANO tex素材を使用しているので、内側から結露で中身の羽毛が湿気てきたり、濡れるのを防いでくれる。もちろん、NANO texはGore-TexやNANGAさんのオーロラテックスのような防水透湿性のフィルムではなく、あくまでも超撥水加工なので、通気性も当然バッチリ確保してくれるのでご安心を!これで、羽毛が水に弱いという弱点をかなり克服している。


quality02_p001.jpg 

また、撥水性が良いということは防汚性も良いということで、身体の汗や油、自然の泥汚れもかなり付着しにくい。また、この撥水加工技術は永久的加工になるので、耐久性にも優れ、洗濯回数を重ねても全く撥水能力というのが衰えない。合わせて、素材の風合いの変化がなく、柔らかさや通気性もそのまま。

 sticking03_p001.gif

 

こんな画期的な撥水・撥油・防汚加工のおかげで、これからはテントの結露、ツェルト時の地面の夜露などで、シュラフを濡らす心配がなくなる。今まで、重いゴア・テックスのシュラフ・カバーを山行に持っていたのにも関わらず、シュラフ・カバーとシュラフ本体の間に結露が生じて、シュラフ本体が濡れてしまうといった現象を体験した事はないだろうか?このSky High Bagを使うことで、シュラフ・カバーを使う必要も無くなるし、軽量化も図れ、ダウン・シュラフが水に濡れる心配をしなくてもいい。(注:縫目をシームしている訳ではないので、完全防水ではありません。あくまでも超撥水とお考えください)

 

すべてポーランド産マザーグースより一つ一つ手摘みされたハンドピック・ダウンをナンガ独自の国内洗浄したもののみを使用。ダウン95%、フェザー5%の混合率でフィルパワー910FPという業界でもトップの高いクオリティーを持っている。

 

ナンガ製品は、こちらイケメン登山家らも愛用!
国際山岳ガイド 
江本 悠滋氏 、登山家 田辺 治氏

 

縫製も全て国内で、熟練された職人の手によって仕上げているので、海外製品とは違い、万が一、商品が破れたり、ファスナーが壊れてしまったときでも素早く対応できます。修理にかかる期間も約5~7日ほどです。

 

eikyuhosyou.gif  

すべてのモデルにおいて永久保証となり、修理にかかる縫製代金は無料。
止水ジッパーの経年劣化も問題なし!バッチリと新しいジッパーに交換してくれます。(有償)

 

 
シュラフのメンテナンスについて

 

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/578-d5c6bfa9

FC2Ad