長らくお待たせしました!マックパックのアンプレースが新たな改良を施しついに入荷! Macpak / Amp race 40

IMG_0936.jpg IMG_0941.jpg IMG_0943.jpg


AMP Race 40 / 2,3 / 19,950 yen  限定数入荷!


Macpak / AMP Race 25 / 15,225 yen
店頭メーカー共すべて完売しました。今年中の入荷はありません。

 

今年の春夏ロット分がほぼ日本への入荷がなかったために、探していた方も多かったが、ついに入荷です!日本から南北のアルプスを通り越し、遥か太平洋まで抜ける世界一過酷なファーストパッキング・レースでもあるトランス・ジャパン・レースでも、このアンプレースの愛用者が多い。私自身も走れるパックの中では一番のお気に入りとして使用頻度が高いモデル。25リットルから40リットル前後の容量で走れるパックと探してみても、実際にはほとんどのメーカーではもう作っていない。以前はグレゴリーなど数社で生産されていたが、需要も少ないのかほぼ廃番となってしまった。そんな中で、このタイプのパックは非常に貴重な存在でもある。

 

IMG_0949.jpg IMG_0946.jpg  

 

作りは至ってシンプルな構造だが、フィット感の良さが素晴らしい。背面のハーネスシステムと通常のハイキング・パックとは異なったウエストベルトの絶妙な柔らかさは、重い荷物を背負って初めて感じ取れる。まさに、余計な部分を削り落したミニマリスト向けのパック。もちろん、走るだけでなく、メローなハイキングからスピード・ハイキング、MTBなどにもたいへん調子良い。

 


見た目はあまり変わっていないが、今シーズンは嬉しい改良が多く施されている。ウルトライト・スタイル派には嬉しい取り外し可能なウエストベルト。素材も以前はフルメッシュであったので、荷物が重くなればなるほど軟らかくて少しシンドくなる感じもあったが、今回より絶妙な固さ具合のフォーム・パッドになった。メッシュ・ポケット部分には両サイド共マックパックのワッペン・ロゴ付き。

 

IMG_0950.jpg 

 

表面素材はマックパック独自のタイタン・グリッドという高密度ナイロン。表面はシリコン・コーティングされ、裏面はPUコーティング。これも昨シーズンのものより耐久性アップの210Dナイロンと420Dナイロンのコンビネーション。とても軽量で、細かいグリッド(格子状)のリップストップ織りが摩擦に対しての耐久性を高くしている。

 

 

IMG_0948.jpg 

 

これは新しい機能だが、エナジージェル用フラスクを入れるのに便利なストレッチ・メッシュ・ポケットを装備。もちろん、デジカメやケータイなどをいれてもOK!

 

IMG_0952.jpg 

 

以前からの機能ではあるが、マップケースやMSRパックタオルなどを簡易的に挟んでおくゴムベルトもあり。これはシンプルだがよく考えられた機能である。

 

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/630-3887ddb3

FC2Ad