Sky High Mountain Works 3周年記念 コラボ限定企画 WITH SMITH OPTICS -Sky Highでしか手に入らないレンズ組み合わせでスミスが限定数リリース Smith / Reactor MAX /Sky High Mountain Works Edition スミス リアクターマックス スカイハイマウンテンワークス エディション-

画像 001 画像 003 画像 004 画像 005

h_reactormax.gif  slider_c.gif

 

REACTOR MAX-JP / Sky High Mountain Works Edition 


またまた、メーカーさんに無理言って、Sky High Mountain Worsk3周年記念として巷では売り出されていないレンズ組み合わせで来月の3連休に間に合うようにセッティングしていただきます。各モデル日本にある在庫分のみの限定数でして、すべて予約販売とさせていただきます。今回は一番使える人気のHYDEレンズが標準装備。スペアレンズは紫外線を一番カットしてくれる雪山シーズンのドピーカン時のハイクアップに最適なレッドミラーレンズの組み合わせとなっています。しかも、あの即ソールドアウトしてしまったトリコロールが奇跡的に手に入ります!
 

画像 008  


予約締め切りました。


10月4日(月)までに御予約をいただき、10月8日(金)の午後にSky High Mountain Worksに届く予定です。Sky High店頭で自由にかけられる商品がありますので、ぜひこの機会に素晴らしいフィット感をお試しください!

 
各フレーム完全限定数につき、店頭、電話&メールのみの予約先着順とさせていただきますので、数に漏れる場合もありますのでご了承ください。この秋冬で使用を考えている方は、このお得な期間をお見逃しなく!  



REACTOR MAX KABURAKI HYDE REACTOR MAX KABURAKI RM
Kaburaki Model / HYDE-RED MIRROR / 19,425 yen

日本が誇るトレイルランナー鏑木毅本人がUTMBのフランスをイメージしたトリコロールカラーを採用。 青・白・赤と往年のガンダムファンにも堪らないカラーリング。テンプル内側に”KABURAKI“と刻印されている。 初回入荷時はあっという間に売り切れてしまったが、早い者勝ちになってしまうが、今回奇跡的に限定数入荷!レンズの組み合わせもSky Highオリジナルにしていただいているので、今回のみが手に入れる最後のチャンスとなるので、お早めにどうぞ!

REACTOR MAX BLACK HYDE REACTOR MAX BLACK RM
GROSS BLACK / HYDE-RED MIRROR / 19,425 yen

 

REACTOR MAX MATT BLUE HYDE REACTOR MAX MATT BLUE RM
MATTE BLUE / HYDE-RED MIRROR / 19,425 yen 


REACTOR MAX CLEAR HYDE REACTOR MAX CLEAR RM
CRYSTAL / HYDE-RED MIRROR / 19,425 yen



CAZZLUM1.jpg 
SMOKE / HYDE-RED MIRROR / 19,425 yen 
(クリアー・ベースに少し薄いグレーが入った透き通ったグレー)

 

 P4090009.jpg P4090010.jpg P4090013.jpg
GROSS WHITE / HYDE-RED MIRROR / 19,425 YEN 
ホワイトフレームにゼブラ模様&石川アイコンのDIRTマークがプリントされた、以前限定数でリリースされた石川弘樹シグネチャー・モデルも今回あり!  


簡単にレンズが交換可能なインター・チェンジブル機能を搭載し、レンズ2枚付きのバツグンのコストパフォーマンスで、たちまちスノーボーダー、トレイルランナー、バイカー、トライアスリートに大人気となったスミスのリアクターマックス。昨年夏のカリスマランナー石川弘樹シグネチャー・モデルの登場、NHKで特集され話題になったツールドモンブランで日本人過去最高位4位を成し遂げた鏑木毅氏がスミスとの契約ランナーとなり、コアな多くのトレイルランナー達がそのリアクターマックスの機能性に惚れこみ愛用者が続出している。

 

このジャパン・フィット・ヴァージョンは、アメリカで最初にリリースされたモデルをMade in JAPANとして、アメリカン・ブランドらしいサングラス自体のシャープさであるフォルムやポップで美しいカラーはそのままに、ハードなアクティビティに対応する機能にとことんコダわり、さらに日本人の顔にフィットするように作り変えている。

 

 

P4090021.jpg P4090015.jpg

 

フレームはより多くの日本人に心地良い装着感を感じてもらうために全体幅を2㎜広げている。ただ、幅をほんの少し広げるだけでも全体的デザインの美しさが少し崩れることと、欧米人と比べて日本人は頭が上から見るとまん丸に近いので、フロント部のつる部分(テンプル)を顔のカーブに合わせて内側に湾曲させている。それにより、見た目も日本人顔によりフィットしカッコよく見える。グラス自体の荷重を分散してくれ顔全体でフレームを支えるので、一日中ずっとかけていても疲れを感じにくいのである。また、フロント部とテンプルの接点を後方にずらし、接合部分への加重を減らすことにより、ヒンジ部分の破損も防いでくれている。

 

TR90というグリラミッド系素材で型で作って成型されているので、非常に耐久性に優れ、かつアルコールや洗剤などの科学薬品の影響を受けない。フレーム&テンプルには必要最低限の肉厚さをもたせているので、コケたりして地面にサングラス落としたりしてもビクともしない質実剛健のフレームとなっているのもハードに使用するなトップ・トレイルランナーやバイカーにも受けている要因。バックカントリー・スノーボーダーやスキーヤーにもハイクアップ&ライディング時にもかなり調子が良いので、春の残雪期バックカントリーにオススメ!

 

長時間のレースでもずっとつけっぱなしで走っていられるようにフィットは、このリアクターマックスはよく考えられて作られている。かけた時のほんの少しのフィットの違和感というものが長時間のレースでは後にひびくもの。バイクでの高速走行時、トレイルランでのランニング時など顔に当たる風圧を、エアロダイナミクスな深いフレームカーブが、当たった風を非常にスムースに流すことができ、しかも、サイドからの光と風の侵入を防ぐことも可能にしている。

 

 P4090032.jpg

 

そして、この深いフレームカーブを顔にピッタリとフィットさせるためにはノーズピースが非常に重要になってくる。有名なイタリアのRudy Projectと同じく鼻部分のノーズパーツが付いているが、コレがかなりの優れモノ。人それぞれの鼻の高さ・幅・ボリューム等の違いによりほどよくこのメタルノーズパーツの角度が変えることができるので、鼻が低い日本人でも非常に掛け易くなっている。また、鼻に当たる部分は、汗による滑りを防ぐ、特殊ラバー系ノーズピースを採用しているので、鼻に吸い付くような粘着力を持ち、ハードなアクティビティにもサングラスのずれを防いでくれる。また、この部分はネジ1本で簡単に交換できるので、別売りで後から800円で購入することも可能。

 

 

 

SANY0208.jpg SANY0210.jpg

 

コストパフォーマンス抜群なこのリアクターマックスの特徴としては、レンズが複数付属しており、交換も現場ですぐに可能な構造になっていること。天候状況によりその場ですぐに簡単に入れ換えが可能となっている。もちろん、スペアレンズがきちんと入れられるラグジュアリーな専用セミハードケースも付属している。

 

P4090023.jpg  写真上からクリアミラー、HYDEレンズ

 

通常のクリアレンズより少しミラーを強くしてこれ1枚で夕方の薄暗い時間帯から晴天時でもそれほど目にストレスを感じさせない可視光線透過率62%というクリアミラーというレンズを通常ではセットで販売しているが、それよりももっと薄暗い状況下でも視界をきちんと確保してくれ、かつ紫外線から大事な眼を守ってくれる石川弘樹氏絶賛のHYDEというレンズが石川弘樹シグネチャー・モデルのみ標準装備として付属している。

 

このHYDEというレンズは、今まではホワイト・フレームの石川弘樹シグネチュアー・モデルにしか付属されていなかったのだが、自分でここ最近ずっと使用していて、あまりにも気に入ってしまい、今回メーカーさんの御好意により、ホワイトフレーム以外のカラーにもこのHYDEレンズ標準装備していただき、Sky HIgh Mountain Works Editionとして限定数お売りできることとなった。

 

P4090041.jpg 

 

HYDEレンズとは、簡単に言ってしまえば、森林限界を超えた稜線や岩稜帯、オープンスペースでは直射日光の眩しさを抑え、ツリー内などでの薄暗いシングルトラックでは地面の凹凸が判別できるほとの明るさを確保してくれるという正に夢のようなレンズ。国内の偏光レンズのトップメーカーと開発されたMade in JAPANの底力を感じさせる非常にクオリティの高いレンズで、特殊なコーティングの力で眼に眩しいと感じる光をやさしい光に変える機能を持っている。ほぼクリアに近い薄いレンズの色なのに、紫外線をカットする可視光線透過率60%というきちんとした機能を持っている。ややブラウン調の限りなくクリアーに近いカラーなのでストリート使いもバッチリ!毎日でも違和感なくかけていて疲れない非常に眼にやさしいレンズ。
詳細はコチラ→

 

 

他に付属する選べるレンズの特徴

 

P4090037.jpg  

 

Ignitor :スミスの誇るイグナイターレンズは曇り空から晴天時にオールラウンドに使用できる可視光線透過率30%のうすいピンク系レンズ。対象物の凸凹と距離感をくっきり見せてくれる。表面に薄いプラチナコーティングを施しているので、ゴルフなどの炎天下での使用時にも芝目がくっきり見える。

 

P4090038.jpg 

 

Red Mirror : ここ数年リバイバル人気の80-90年代ギンギラ系可視光線透過率15%のレンズ。晴天時から標高高い山などの特に紫外線やブルーライトが強いところでの使用に大変良い。ベースのレンズは対象物の自然の色の表現に優れるグレーで、これからの真夏の炎天下ギンギラ太陽にはかなりオススメ!無雪期のスキー場などの高原地帯、バックカントリーのドピーカン時のハイクアップでの使用など、直射日光をモロに受けるところで大活躍する。

 

P4090034.jpg 一番上からHYDE、Ignitor、Red Mirror

 

 

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/737-fc4e34ab

FC2Ad