ハニカムプリントの凄いヤツ!? Salomon / EXO Calf Ⅳ サロモン エグゾカーフ4

DSC01692.jpg DSC01693.jpg DSC01694.jpg

Salomon / EXO Calf Ⅳ / black / S,M,L / 6,930 yen

S size : 33cm-35cm
M size : 35cm-38cm
L size : 38cm-41cm
ふくらはぎの一番太い直径を計っていただき決めてください。
35㎝の方はS、38㎝の方はMサイズとギリギリの方は下のサイズの方がベターです。


サロモン製品群の中でも、Kilian Jornetなどの選手用向けにどちらかというと耐久性より軽量&スピードを重視して作られているシリーズをS-LABとしているが、日本国内ではこのシリーズをラインナップしているショップは全国でも数店舗のみ。完全に一部の限られたショップでしか手に入らない。

昨シーズンまでのヴァージョンⅢはサロモン独自のコンプレッション機能を持つハニカムプリントが足全体を覆っており、一部ではキツ過ぎるという意見もあったが、今回のヴァージョンⅣは必要な腓腹筋やヒラメ筋部分のみとなっており、着脱も楽になっている。特筆すべきは、他社の血流を下から上に促進させていく段階着圧方式のコンプレッションではなく、黒いベース生地とスパーイダーマンを彷彿させる(笑)ハニカムプリントの異なる伸縮率によって、ランニング時に使用する筋肉の収縮を手助けしてくれる仕組み。

DSC00834.jpg DSC01695.jpg

他社ではふくらはぎなど膝から下の足全体をコンプレッションするような感覚があるが、このヴァージョンⅣのエグゾは、ロードランニングとは異なるアップダウンの多いトレイルランニングで多用する前腓骨筋から後ろ部分の腓腹筋やヒラメ筋などの筋肉の収縮のみをコンプレッションしてくれる。生地自体を引っ張ってみると分かるが、ハニカムプリントのおかげで、着地時などの横ブレを抑えるために横方向が伸びにくくなっており、筋肉の上下移動に適応させるために縦方向の伸縮の方が強くなっている。また、他社では足からズリ落ちないように、一番上部にシリコンの滑り留めなどを使用しているが、これは短時間であれば全く問題ないが、一日中装着となると跡がついてキツいものがあるが、これは全然大丈夫!

走る前に着用するだけで、筋肉にスイッチが入ったかのように刺激が入るし、着用中も必要な箇所だけのコンプレッションなのでキツ過ぎずかなり快適。また、トレイルでは木の枝や岩に引っ掛けたり、虫や泥水などがついたりするがそれらの防備にもなる。もちろん、ランニング後の筋肉の張りやむくみも、何にも装着していない状態に比べると明らかに軽減されている。シャワー後のリカバリー用としてもバッチリ使える!これからの暑いシーズンはランパンやコンプレッションショーツが多くなってくるが、あとはNEWハレテーピングにこのスパイダーマンカフガードで決まり!?

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/878-cf332b4d

FC2Ad