ゴールデンウイーク限定特別企画! 2013NEWモデルのスミスサングラス試着&即売会 Smith Optics

02.jpg



h_reactormax.gif  slider_c.gif

 

Smith Optics 2013 New Model RELEASE!!

メーカーさんにご協力いただき、緊急でこのゴールデンウイークに使用できるようにGW期間中のみ店頭で試着したり、その場で即売できるように新色含め多くのモデルを送っていただきました。ストリート使いから、トレイル、雪山までオールラウンドに使用のレンズ交換可能なBazoo,AB5、ストリートからPCオフィスワークでの眼に大きな負担をかけるブルーライトを効率良くカットするHYDEレンズのNo.5&No8,Catwalkなど普段他では見れないモデルがチェックます
これから紫外線が強くなる季節ですので、ぜひこの快適さを感じてください。その場で在庫がない場合はご希望のフレームカラー&レンズをお聞きして、後日お渡しとなる場合もあります。

4月27日(から5月6日()までの展示即売会となります。Sky High店頭で自由にかけられる商品がありますので、ぜひこの機会に素晴らしいフィット感をお試しください!

101_01.jpg 101_02.jpg 101_03.jpg 101_04.jpg 101_05.jpg 101_06.jpg Bazoo

102_01.jpg 102_02.jpg 102_03.jpg  AB5

201_01.jpg 201_02.jpg 201_03.jpg  No.5

202_01.jpg 202_02.jpg  No.8

203_01.jpg 203_02.jpg  Catwalk

004_01.jpg 004_02.jpg 004_03.jpg 004_04.jpg 004_05.jpg 004_06.jpg 004_07.jpg 004_08.jpg 004_09.jpg 004_10.jpg 004_11.jpg 004_12.jpg

Reactor MAX



簡単にレンズが交換可能なインター・チェンジブル機能を搭載し、レンズ2枚付きのバツグンのコストパフォーマンスで、たちまちスノーボーダー、トレイルランナー、バイカー、トライアスリートに大人気となったスミスのリアクターマックス。昨年夏のカリスマランナー石川弘樹シグネチャー・モデルの登場、NHKで特集され話題になったツールドモンブランで日本人過去最高位4位を成し遂げた鏑木毅氏がスミスとの契約ランナーとなり、コアな多くのトレイルランナー達がそのリアクターマックスの機能性に惚れこみ愛用者が続出している。

 

このジャパン・フィット・ヴァージョンは、アメリカで最初にリリースされたモデルをMade in JAPANとして、アメリカン・ブランドらしいサングラス自体のシャープさであるフォルムやポップで美しいカラーはそのままに、ハードなアクティビティに対応する機能にとことんコダわり、さらに日本人の顔にフィットするように作り変えている。

 

 

P4090021.jpg P4090015.jpg

 

フレームはより多くの日本人に心地良い装着感を感じてもらうために全体幅を2㎜広げている。ただ、幅をほんの少し広げるだけでも全体的デザインの美しさが少し崩れることと、欧米人と比べて日本人は頭が上から見るとまん丸に近いので、フロント部のつる部分(テンプル)を顔のカーブに合わせて内側に湾曲させている。それにより、見た目も日本人顔によりフィットしカッコよく見える。グラス自体の荷重を分散してくれ顔全体でフレームを支えるので、一日中ずっとかけていても疲れを感じにくいのである。また、フロント部とテンプルの接点を後方にずらし、接合部分への加重を減らすことにより、ヒンジ部分の破損も防いでくれている。

 

TR90というグリラミッド系素材で型で作って成型されているので、非常に耐久性に優れ、かつアルコールや洗剤などの科学薬品の影響を受けない。フレーム&テンプルには必要最低限の肉厚さをもたせているので、コケたりして地面にサングラス落としたりしてもビクともしない質実剛健のフレームとなっているのもハードに使用するなトップ・トレイルランナーやバイカーにも受けている要因。バックカントリー・スノーボーダーやスキーヤーにもハイクアップ&ライディング時にもかなり調子が良いので、春の残雪期バックカントリーにオススメ!

 

長時間のレースでもずっとつけっぱなしで走っていられるようにフィットは、このリアクターマックスはよく考えられて作られている。かけた時のほんの少しのフィットの違和感というものが長時間のレースでは後にひびくもの。バイクでの高速走行時、トレイルランでのランニング時など顔に当たる風圧を、エアロダイナミクスな深いフレームカーブが、当たった風を非常にスムースに流すことができ、しかも、サイドからの光と風の侵入を防ぐことも可能にしている。

 

 P4090032.jpg

 

そして、この深いフレームカーブを顔にピッタリとフィットさせるためにはノーズピースが非常に重要になってくる。有名なイタリアのRudy Projectと同じく鼻部分のノーズパーツが付いているが、コレがかなりの優れモノ。人それぞれの鼻の高さ・幅・ボリューム等の違いによりほどよくこのメタルノーズパーツの角度が変えることができるので、鼻が低い日本人でも非常に掛け易くなっている。また、鼻に当たる部分は、汗による滑りを防ぐ、特殊ラバー系ノーズピースを採用しているので、鼻に吸い付くような粘着力を持ち、ハードなアクティビティにもサングラスのずれを防いでくれる。また、この部分はネジ1本で簡単に交換できるので、別売りで後から800円で購入することも可能。

 

 

 

SANY0208.jpg SANY0210.jpg

 

コストパフォーマンス抜群なこのリアクターマックスの特徴としては、レンズが複数付属しており、交換も現場ですぐに可能な構造になっていること。天候状況によりその場ですぐに簡単に入れ換えが可能となっている。もちろん、スペアレンズがきちんと入れられるラグジュアリーな専用セミハードケースも付属している。

 

P4090023.jpg  写真上からクリアミラー、HYDEレンズ

 

通常のクリアレンズより少しミラーを強くしてこれ1枚で夕方の薄暗い時間帯から晴天時でもそれほど目にストレスを感じさせない可視光線透過率62%というクリアミラーというレンズを通常ではセットで販売しているが、それよりももっと薄暗い状況下でも視界をきちんと確保してくれ、かつ紫外線から大事な眼を守ってくれる石川弘樹氏絶賛のHYDEというレンズが石川弘樹シグネチャー・モデルのみ標準装備として付属している。

 

このHYDEというレンズは、今まではホワイト・フレームの石川弘樹シグネチュアー・モデルにしか付属されていなかったのだが、自分でここ最近ずっと使用していて、あまりにも気に入ってしまい、今回メーカーさんの御好意により、ホワイトフレーム以外のカラーにもこのHYDEレンズ標準装備していただき、Sky HIgh Mountain Works Editionとして限定数お売りできることとなった。

 

P4090041.jpg 

 

HYDEレンズとは、簡単に言ってしまえば、森林限界を超えた稜線や岩稜帯、オープンスペースでは直射日光の眩しさを抑え、ツリー内などでの薄暗いシングルトラックでは地面の凹凸が判別できるほとの明るさを確保してくれるという正に夢のようなレンズ。国内の偏光レンズのトップメーカーと開発されたMade in JAPANの底力を感じさせる非常にクオリティの高いレンズで、特殊なコーティングの力で眼に眩しいと感じる光をやさしい光に変える機能を持っている。ほぼクリアに近い薄いレンズの色なのに、紫外線をカットする可視光線透過率60%というきちんとした機能を持っている。ややブラウン調の限りなくクリアーに近いカラーなのでストリート使いもバッチリ!毎日でも違和感なくかけていて疲れない非常に眼にやさしいレンズ。
詳細はコチラ→

 

 

他に付属する選べるレンズの特徴

 

P4090037.jpg  

 

Ignitor :スミスの誇るイグナイターレンズは曇り空から晴天時にオールラウンドに使用できる可視光線透過率30%のうすいピンク系レンズ。対象物の凸凹と距離感をくっきり見せてくれる。表面に薄いプラチナコーティングを施しているので、ゴルフなどの炎天下での使用時にも芝目がくっきり見える。

 

P4090038.jpg 

 

Red Mirror : ここ数年リバイバル人気の80-90年代ギンギラ系可視光線透過率15%のレンズ。晴天時から標高高い山などの特に紫外線やブルーライトが強いところでの使用に大変良い。ベースのレンズは対象物の自然の色の表現に優れるグレーで、これからの真夏の炎天下ギンギラ太陽にはかなりオススメ!無雪期のスキー場などの高原地帯、バックカントリーのドピーカン時のハイクアップでの使用など、直射日光をモロに受けるところで大活躍する。

 

P4090034.jpg 一番上からHYDE、Ignitor、Red Mirror

 

 



005_01.jpg 005_02.jpg 005_03.jpg 005_04.jpg 005_05.jpg 005_06.jpg 005_07.jpg 005_08.jpg 005_09.jpg 005_10.jpg 005_11.jpg

Smith / Rhythm / 18,900 yen
 
リアクターマックスの基本デザインから全てを見直し小顔の男性や女の子向けに作られた全スポーツ対応型、軽量モデルのRHYTHM(リズム)がついにNEWリリース!リアクターマックスがかけたくても、いまいちフィット感が合わなかった小顔男性や女の子は待ってしましたのリリース!海外では手に入れることができない、日本完全別注のJAPAN DESIGN & JAPAN MADE仕様! トレイルラニング、ランニング、ジョキングなどのフィット感が重要な「走る」というアクティビティから、トライアスロン、MTB、ロードバイク、テニス、ハイキング、クライミング、BCスキー&スノーボード、はたまた仕事から通勤や通学まで。 走ること、ライデイングすることを非常に高い機能でサポートするサングラス。フレーム設計、レンズ選定、コスト追及、そして日常使用のファッションとしてもバッチリ使える、このRHYTHM。サングラスをかけことによる眼の周りの負担を極限まで減らすことを追求、心地良い装着感と“動いてもずれない”スポーツ設計。女の子はもちろんだが、実はほとんどの男性にもフィットしてしまう。女の子用とうたってしまうのは何とももったいないモデル。

IMG_2859.jpg IMG_2863.jpg

フレーム基本デザインの決定。
成功を収めているREACTOR MAXを基本に、RHYTHMに持たせたいデザインポイントを以下のように設定。

1. 軽量、そして美しいシルエット
2. やわらかく心地いいフィット感
3. ノーズエリアのマルチな調整

IMG_2827.jpg IMG_2829.jpg IMG_2831.jpg 

フレームの肉厚を強度ぎりぎりまで削り落し軽量化を図る。フレームとテンプルの美しいライン曲線。スポーツ時だけでなく、街中でも使用できるシンプルかつ洗練されたフロントフレームデザイン。最近のトレンドであるアウトドアファッションにもフィットするデザイン。

① フレーム素材軽量化と美しいシルエット
軽量化を追求してデザインされているスポーツサングラスはTR90といグリラミッド系の素材でインジェクション成型されています。非常に耐久性に優れ、アルコールや洗剤などの化学薬品の影響を受けません。熱による形状変化なども起こりにくいという優れた性能を持っています。TR90はスポーツサングラスのフレームとしては最適な素材です。一般的にグリラミッドと呼ばれるプラステック系の素材の中でも最高グレードのものをTR90と呼んでいます。 メーカーによってはTR55という一世代前の性能の劣る素材を使用していることが多くみうけられます。 

IMG_2832.jpg 

スムーズ且つ繊細なフレームデザイン。テンプル部のラバーのところの細さがポイントです。

今回、RHYTHMには、ダブルインジェクション(DI)というテンプルエンドのラバーとテンプルを一体成型で製造する方法を採用しました。 通常は、イヤーパッドといわれる耳に当たる部分のラバーを、別に製造されたテンプルに差し込んで接着剤などで付けています。 そのため、ラバーの破損や、僅かですがラバーとテンプル本体の隙間に髪の毛が挟まったりするトラブルが発生することがあります。DI成型によりラバーとテンプルは一体化。細身のすっきりしたスムーズなテンプルラインが可能になりました。


② やわらかく、心地良いフィット感
特にメガネ愛用者でない人には、顔に何かをつけることに違和感、抵抗感があります。
それも長時間の使用となるとなおさらのこと。長距離のマラソン、20kmを超えるトレイルランなどでは違和感を “感じさせない” サングラスが必要です。“サングラスをかけていることさえ気がつかないほどのデザイン”を要求します。レース時の集中を妨害するものは1つでも排除したいのです。RHYTHMにはその答えがあります。

IMG_2839.jpg

テンプル曲線と頭の形状について
日本人の頭の形状にいかに合わせてあるかがいいたいことです。 そして、もうひとつRHYTHMの特徴は、耳の部分のテンプルが極端に細くなっていることです。頭の横幅のサイズの違いにも違和感なく対応できるためです。この部分が柔らかく、簡単に広がります。広がっても耳の部分を圧迫する圧力がかかりません。 ぜひ店頭サンプルでご確認ください。 
 
IMG_2870.jpg 

フレームの耐久性もバツグン!こんなにひん曲げても折れることはないので、コケてもブッ飛んでも大丈夫!


③ ノーズエリアのマルチな調整
一人ひとりの顔型は千差万別です。耳から顔の正面までの距離。頭の横幅、目と鼻の位置、鼻の高さと幅。そして、耳と目と鼻の位置関係というように、全てがフィッテイングに影響します。今回特に注目したのは耳の位置です。

この問題を解決するために考えられたのが、スライド・ループラバーノーズ・システム(SLR)と2つのサイズのノーズピースを標準でパッケージすることでした。
 SLIDE LOOP RUBBER NOSE SYSTEM

IMG_2841.jpg

ラバーノーズをステイに差込みスライドさせるだけです。

IMG_2844.jpg IMG_2846.jpg

LOOPラバーノーズのソフトなフィッテングを実感してください。


2つの高さの異なるノーズを選べます。 

IMG_2848.jpg

写真上はローノーズ。写真下はハイノーズ。
本体には二つのサイズのラバーノーズが標準で付きます。取り付け位置をスライドさせ変更したり、違う高さのノーズを付け変えてみたり、完璧なフィッテイングが可能です。

THE LENS スポーツサングラスの意味は、レンズにあります

RHYTHMは、機能としてバリバリのスポーツモデルです。 スポーツモデルだからこそ、レンズが素早くチャンジできる“インターチェンジ・システム”を採用しています。 付属するレンズは、その目的に合わせ、レンズカラー、透過率(色の濃さ)を選んでいます。 当然、本体を購入後違ったレンズも単品で購入できます。また、レンズは他社メーカーと比べ、お買い求めやすい価格に設定しています。

今回のSky High Editionはリアクターマックスでも大評判のHYDE LENS (ハイドレンズ) &IGNITOR(イグナイター) のパーフェクトな2種類のレンズの組み合わせ仕様!2種類のレンズが付いて18,900円は安い!おまけに、高級でこれまた耐久性バツグンの交換用レンズも収納できるハードケースが付属する。 

IMG_2874.jpg 

レンズ交換もその場で速攻で交換可能!リアクターマックよりもさらに少ない力で簡単に取り外しや装着ができる。
 

P4090041.jpg 

HYDE LENS (ハイドレンズ) 60%の可視光線透過率
森の中では十分な明るさが欲しい。オープンスペースでは直射日光の眩しさを抑える機能が欲しい。
この相反する要求に応えるのがハイドレンズです。 このレンズは特殊なコーティングの力で目に眩しいと感じる光をやさしい光に変える機能を持ちます。日中のトレイルランや夕方、夜のランでも力強い見方です。 REACTOR MAX に採用され大好評を得ています。トレイルランの大御所、鏑木毅やトライアスロンの上田藍がREACTOR MAXに使用されているHYDEレンズを絶賛しています。

P4090037.jpg  

IGNITOR(イグナイター) 可視光線透過率30%
SMITHの誇るイグナイターレンズは対象物の凹凸と距離感をくっきり見せます。曇り~晴天時にオールラウンドに使用できます。 表面に薄いプラチナコーテイングが施されています。ゴルフでの使用にも最適です。芝目がくっきり見えます。 


>>>> TLT テーパーレンズテクノロジー  サングラスをかけて、頭痛を感じたことありませんか?
快適に走るためには、実際の景色が歪みなく、正しく脳に伝わらなければならない。
ちょっとした視界の歪みが大きな事故につながる。 
8カーブ以上のレンズでは、光線がレンズを通過する距離が場所によって違ってきます。それにより光の方向が屈折されて眼に届きます。SMITHのテーパーレンズテクノロジーはレンズの厚さを中心から外側に向かって薄くすることにより、レンズを通過する光を直線的に眼に届ける技術です。光の屈折を調整する機能を持たないレンズでは、目の前の岩と自分の距離が微妙に違ってくるのです。 レンズ自体にプリズム補正(SMITHではこれをTLTテーパーレンズテクノロジーと呼んでます)のないサングラスでは、映像が本来の位置より内側に見えてしまい、脳がそれを補正しようと働き眼精疲労の原因となります。


THE LENS スポーツサングラスはあなたの眼を守ります。

1. ほこり、小石、泥そして虫等が目に侵入することを防ぎます
プロのランナーそしてバイカーは、100%サングラスを使用しています。 答えは明快です。 外部の“物”から目を保護するためです。 
2. 有害な紫外線から目を守ります
案外日本人は目への紫外線のダメージについては無頓着な人が多いようです。
オゾン層の破壊により、地上に降り注ぐ有害な紫外線の量は以前より数段増えています。
外のスポーツをやる上では必ずサングラスによる紫外線対策が必要です。 
長期にわたり紫外線のダメージを目に蓄積させると、白内障などの目の病気になる恐れがあると多くの専門家は指摘しています。テストとして、人工的に2年間に相当する紫外線を短時間に浴びせてみると、プラスチックレンズは、色が抜けただけでなくレンズの機能さえなくなってしまいました。 本当に紫外線のエネルギーは怖い物です。
急激にしたとはいえこのエネルギーがあなたの目をまたは肌を狙っているとしたら・・・

女性の美白の観点からもサングラスが有効だということ、ご存知ですか? 
目に紫外線が入ることにより、脳が肌を守るため皮膚にメラニン作るよう命令するそうです。身体中を、紫外線カットの布で覆っていても、サングラスをしていなければ肌は黒くなっていくといわれています。恐ろしや・・・


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/882-e5bd8871

FC2Ad