1g単位の軽量化を追求して開発した0.88㎏の最軽量自立式テント登場! NEMO / OBI ELITE 1P ニーモ オビ エリート 1P

DSC02430.jpg DSC02432.jpg DSC02436.jpg DSC02437.jpg DSC02440.jpg DSC02425.jpg DSC02426.jpg DSC02428.jpg 

NEMO / OBI ELITE 1P / 50,400 yen

ニーモが協力企業と独自に開発した最新のマテリアルとフレームワークを駆使して作り上げた最軽量の自立式ポール式テントがついにリリース!ニーモはどのモデルにも言えることであるが、ただ単に安易に軽量化をしている訳ではなく、ニーモなりの快適性、居住性、剛性を保ちながら極限までの軽量化を追求している。特にこのオビエリートは、細部のパーツに渡って調整を繰り返し、1gも無駄な生地やパーツを使わずに作り上げた3シーズン用ダブルウォールテントとなっている。現物を見ていただけるのが一番だが、とにかく、パーツ一つ一つや生地が良いモノを使用しており、他ブランドより明らかに耐久性があり長持ちするはずである。

まず、このオビだが、フロント側のハブを天頂部に設定することにより、余分なポールを追加することなく、室内空間を最大限に広げている。また、下から立ち上がった耐水圧5,000㎜のウォータープルーフバスタブフロアーを下からかなり立ち上げることにより、フライシートの生地量を減らし軽量化に繋げ、且つ暑い夏などには嬉しい優れたベンチレーション効果を向上させている。

本体+ポールで0.88㎏という恐ろしく軽量な重量であるが、ソロではもったいない位の炊事やシューズ&ギア置き場に便利な広大な前室スペースを持っている。内部空間も縦は228㎝という長さで、これまた国内ブランドのテントではありえない広さ!BDファーストライト&ハイライトで208㎝なので、どれだけ広いかが想像できるであろう。この軽量さで、設営もハンパなく簡単で、ポールをボトムに三カ所取り付けたら、あとはフックで引っ掛けていくだけ。このニーモ独自のシステムもフライやインナーテント全体に均一なテンションをかけることができるため、悪天候時において、他ブランドよりも圧倒的な高い剛性を持っている。

スピーディで簡単な設営で超軽量仕様なので、無雪期の3シーズンにおいて、これからソロでテント山行をしたいビギナーからハードコアなファストパッカー&ULハイカーまで、非常に幅広い層に応えるモデルである。

自立式ではあるが、ベンチレーション効果を上げて、完全に自立させるにはフットエンドのコーナー2ヶ所をペグダウンする必要あり。

16-size.jpg

就寝人数:1人
本体重量:0.88kg
付属品込重量:1.1kg
収納サイズ:15×直径15cm
室内高:102cm
フロア面積:2.0m2
前室面積:0.9m2
本体素材:10D・PUナイロン/メッシュ
フライ素材:10D・PUナイロン
フロア素材:20D・PUナイロン

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/890-c178ce7c

FC2Ad