プロダクツの良さが分かる大人の女性に着こなしていただきたいアークテリクスのスコート Arc'teryx / Mentum Skort VS Solita Skort

DSC02911.jpg DSC02914.jpg DSC02915.jpg DSC02917.jpg DSC02918.jpg

Arc'teryx / Mentum Skort / camellia / XS,S / 7,875 yen

今年も速攻で売り切れてしまった男性用のランパンIncendo Shortの女性ヴァージョンとも言えるテクニカルなランニング&ハイキング用スコート。動きに合わせてストレスがないように、繊維の織り方により生地をストレッチさせる4ウェイメカニカルストレッチを採用した113g足らずの超軽量スコート。男性用ランパンでも非常に好評な強力なDWR(耐久性撥水加工)が施されているので、ちょっとやそっとの雨は当たり前のように弾いてくれるし、何より、暑い日に大汗をかいても生地自体が水を多く含みにくいので重くならず、女の子が気になる生地の色が汗で目立つようなことがない。

股下39㌢と少し長めの丈なので、標高の高いアルプスや富士山など泊りがけの山行から、日帰りのトレイルラン、ハイキング、普段のメローなジョギングから練習ランニングまで幅広く使えるテクニカル仕様。アスレチックパフォーマンスに適応したデザインながら、さすがアークと頷くほどフェミニンかつ可愛らしいフォルムなので、プロダクツの良さが分かる大人の女性にぜひ着こなしていただきたい。もちろん、インナーには通気性や速乾性の非常に高い肌に優しい快適なブリーフが付き、ランニングやハイキング時に少しでも動きやすくかつ涼しいようにオーバーラップされたスリットも入っている。今シーズンはタイツも脱ぎ捨て、鍛え上げた足でお気に入りのスコートで山を駆け巡りましょう!もちろん、サポートタイツとの重ね着の相性もバツグン!

DSC02922.jpg

他ブランドではここまでのコダワリはなかなかお目にかからないが、腿の直接当たる裾部分に縫い目のモタつきを出さないようにアークお得意の熱溶着ラミネート加工を施しているので、表側が実にクリーンでスタイリッシュとなっている。

DSC02920.jpg

内側のインナーにはキーやカード、コインなどを収納できるジッパー付き隠しポケットが付いている。男性の前で急にこんな上げたらビックリするんで気をつけてね(笑)



DSC02923.jpg DSC02925.jpg DSC02926.jpg DSC02927.jpg DSC02928.jpg

Arc'teryx / Solita Skort / sabre gray / XS,S / 10,080 yen

こちらは前記のメンタムスコートより少し股下を短くしたフィットネスからジョグやランニングなどのアーバンスポーツ、トレイルランやハイキングなどのアウトドアアドベンチャーまで様々な用途に適したスポーティなスコート。インナーは多くの汗をかいても速く乾くように、メッシュボクサーブリーフにしており、ウエスト部分もメンタムスコートより、さらにアクティブに自由に動けるように吸湿速乾のストレッチポリエステルを使用。広めのウエストバンドにより腰部分をサポートし、ハードな動きにも適応してくれる。こちらは131㌘の軽量仕様。

DSC02935.jpg DSC02934.jpg

横から見ると分かり易いが、汗をかきやすく、かつ動きの激しいストレッチして欲しい部分には、吸湿速乾性の高い素材を使用している。もちろん、メンタムスコート同様、裾部分は熱溶着ラミネートでしっかりきれいに処理されている。

DSC02931.jpg

こちらは速乾性を重視したメッシュボクサーブリーフなので、素材のフィット感を重要視しているため、ジッパーはない小物隠しポケットとなっている。


デザイン、カラー、丈の短さは抜きにして、機能だけで、両スコートを比べてみると、メンタムスコートが表面素材の撥水性や耐久性も高いので、日帰りや泊まりがけ、高所などでのトレッキング、トレイルランニングなどのアウトドアテクニカルスコートっぽい。逆にソリータスコートの方が、汗を多くかくようなインドアや外でのジョグやランニング、テニスなどのアーバンスポーツ。または日帰りの低山ハイキングやトレイルランニング、ジョギングなどに適しているといえる。ただし、あくまでもどちらかでいうとなので、よく素材の特性や機能を知った上で、最終的にはカラーやデザインで選んでいただけるとよいかな。



トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/899-daa95d7e

FC2Ad