500mlソフトフラスクがパッケージ無しのため特別価格! Salomon / Soft Flask 500ml サロモン

DSC04308.jpg DSC04309.jpg DSC04321.jpg

Salomon / Soft Flask / 16oz(500ml) / 2,500 yen+Tax
Sale 2,000yen+tax
パッケージ無しのため特別価格!
限定数量につき無くなり次第終了

次世代のウォーターボトルとしてぜひみなさんに試していただきたい名品。UTMBなどヨーロッパのレースなどで主流の昨年辺りから一気に世界的にメインストリームになってきたベストパックのダブルフロントポケットなどに入れるのに最適!ペットボトルまだ使ってるんですか!?堅いし、胸に当り感あるし、ゴミになるし、ベストパックには辛い筈!このシリコンの柔らかい潰せるボトルをこのお安くなる機会にぜひお試しを!


これまではエナジージェルなどを入れる2サイズのみの展開だったが、この500mlサイズはあくまで水などを入れる最先端のウォーターボトル用としてのアイテム。237mlサイズでも水は入れられたが、ボトルの代用としては量的に物足りなさがあったので、これでもろにボトル代わりとしてフルに使用できる。最大のメリットはボトルであれば、飲み終わった後でも固いボトルが残って、バックパックやベストタイプパックに入れておいても邪魔になったが、コレは写真の通り空気を抜いて潰してしまえば非常にコンパクトになってしまう。SHMWお馴染み350mlのシンプルハイドレーションと比較すると、手に持ち易いように細長くなっている分、少々長いくらいのサイズ感。もちろん車に踏まれても破裂しないハイドレーションを作り出しているHydrapak社が作っているだけありハンパない耐久性があるので安心!

DSC04319.jpg


Salomon / Soft Flask / 8oz(237ml : 最大ジェル7ショット) / 2,200 yen+Tax
H18×W7.6㎝


こちらは水を入れたり、ジェルを入れたり、はたまたジェルやベスパを水に溶かして好きなスペシャルドリンクにして持ち運んだりするサイズ。写真右側のモノが237mlサイズ。前記の500mlと比較しているが、持ち易さはこのサイズが一番手にフィットし易い。

DSC04313.jpg

Salomon / Soft Flask / 5oz(148ml : 最大ジェル4ショット) / 1,900 yen+Tax
H14×W7.6㎝

ジェルが4-5発入れられる一番の小ぶりサイズ。写真では一番右端のモノが148mlサイズ。あえて比較として昨年度までの旧SALOMONロゴのヴァージョンと比較してみたが、若干だが、サイズも角張っていたのがより角が取れてミニマルなフォルムになったよう。もちろん、237mlも同様の変更となっておりスリムな型となっている。



DSC04332.jpg

吸うバイト部分も3つのパーツまで分解できるので、洗浄も楽チン!

水が入った状態で車に踏まれてもつぶれない。また、裏返せるハイドレーションとして一躍有名になったハイドラパックと同一の特殊ポリウレタン素材で、とても柔軟性や耐久性に富み、他の固めのジェル・フラスクとは全く異なる新しいフラスク。容器自体はハイドラッパックのハイドレシーョンと同じくハンパない耐久性があり、フニャフニャと柔軟性もあるので、パックのウエストやショルダー部分のメッシュポケットに入れていても全く邪魔にならない。吸い方はアイスのパピコのように吸うだけの簡単さ。吸って絞り込めばジェルを最後まで無駄なく飲み切れるのも魅力。バイト部分を軽く噛みながら吸うとジェルがノズルから出てくる仕組み。もちろん、吸わない限り、通常の状態ではジェルや水は漏れたりはしないが、ちょっとバイト部分を押すだけで水は飛び出してくるので、それは飲み易さと考えるしかない(笑)そして、最大のメリットはあらかじめジェルをこれにつめておけば、フィールド上でベトベトした袋のゴミがでないこと。もちろん、レースなんかでもたまに落ちているのを見かけるが、誤ってトレイル上でゴミを落とすこともない。

8ozフラスクに関しては237mlもの容量が入るので、水やスポーツドリンク、電解質タブレットなどを入れてウォーターボトルとして使用するのがオススメ!フニャフニャしている柔らかい素材なので、そのまま手で持って走って、水が無くなったら小さくなってしまうので、すぐにポケットにしまい込めるし、写真のようにヒップパックにも容易に収納することが可能。自分もかなりのヘビーロテーションで使用しているが、水の補給が容易なので時間を1秒でも無駄にしたくないレースなんかでは最高のウェポンになる。ここ最近では、使い勝手の良さで海外のトップ選手も実際にトレイルレースで使用している。

DSC03977.jpg DSC03998.jpg 写真のオレンジのフラスクは旧Hydrapak社製のモノ

2-3個持っておけば、山ではこんな感じで湧き水をすぐに補給できるし、電解質タブレットなんかをフラスクに放り込めばすぐに美味しいジュースが出来上がる。

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/919-8df24a2b

FC2Ad