超音波圧着技術を用いた軽量完全防水ジャケット                             Patagonia / Jet Stream JKT

83115_133.jpg 83115_823.jpg


M's Jet Stream JKT / Bright Green,Fire,Black  29,925 yen


83125_956.jpg 83125_955.jpg


W's Jet Stream JKT / Aquatic Blue,Black,AgateGreen


日帰り登山、連泊のバックパッキング、丸一日に及ぶアルパイン・クライミングなど、山の天気に左右されやすいアクティビティーには完全防水ジャケットが必要不可欠。様々なメーカーから、これらのレインウェアはたくさんのモデルが発売されているが、このパタゴニアのジェットストリーム・ジャケットは、他ブランドとは一味も二味も違う素晴らしいポイントがある。


point.1 :軽量化、耐久性を出すために、ウェルデッド・シームという技術を用い、生地を融着させ、ジャケット表面の糸を完全に失くしている。そのため、多くの糸のゴミを削減させ、軽量化に成功している。それと同時に、テントと同じように内側への水の浸入を防ぐために使われるシームテープも、かなり細くできている。また、表面に縫い目、糸があると、摩擦を生じるクライミング、スキーなどでは、すぐに磨り減ってしまい、長年の使用に問題があるが、この圧着技術であると問題がない。万が一、剥がれてもパタゴニアのリペア技術で、ノープロブレム!


point.2 :背面部の肩から脇の下の後ろ側にかけて、完全防水透湿性素材のストレッチパネルを用いていること。これにより、トレッキングのストックワーク時、ピッケル、アイスバイル使用時の腕の動きが格段にアップする。実際に着て、身体や腕を動かしてみると、驚くべき動き易さが分かる。


point.3 :完全防水透湿性素材とは言っても、運動量が多いと蒸れるのは、特に湿気の多いここ日本ではしょうがない。便利なのが、脇の下にあるダブル・ジッパーのベンチレーション。これで、蒸れたジャケット内も空気を入れ替える事ができ、内部は快適になる。もちろん、すべてのジッパーはどんな水圧にも耐えうる耐止水ジッパーを使用。


point.4 :パタゴニアの完全防水透湿性バリヤーを施した2.5レイヤーで、独自の起伏させた内側のパターンで肌からの汗や水分を外へ素早く拡散してくれる。


point.5 :被れば分かるパタゴニア独自の3つの調節ポイントを備えた有り難いフード。MTB、クライミングなどの大きいヘルメットからの上でも着用でき、しっかり調節することにより、どんな悪天候でも、顔の向きに合せてフードも移動してくれる優れもの。


パタゴニアからは、このジェットストリームよりも安い価格のRain Shdow Jacket が出ていて、市場でも買い易いという事で人気だが、¥3675の違いで、このウェルデッド・シームや、ストレッチ・パネルが手に入るなら、間違いなくコレでしょ!スカイハイ一押し!この機能で¥30000切る¥29925なら、かなりお買い得ですで!


 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/93-745d2940

FC2Ad