2サイズ共に再入荷!長時間レースやファストパッキング、雨の行動時のマストアイテム! Gurney Goo ガーニーグー再入荷!

ga2gu steve IMG_9697_20170915130737630.jpg
top_copy.jpg 

Gurney Goo / 80ml tube / 2,315 yen+tax
Gurney Goo / 10ml tube / 556 yen+tax

使い易くて便利なチューブタイプのパッケージデザインがリニュアール!内容物は以前から全く変更はなしです。汗をかく気温が高い時のランニング、長時間の雨での行動時に足の水ぶくれや靴擦れ、股擦れなどが酷くなるもの。特に長距離ウルトラマラソンやトレイルランニングレースなど降雨が予想されるハードなマウンテンランニングレースにはワセリンよりは断然長時間保つので絶大なる効果あり!使用頻度が高い人は80ml tubeで、レース途中に塗り直したり、長時間や長距離などのファストパッキングには10ml tubeタイプを保険として持ち運べば安心感が違う!

ガーニーグー?面白いネーミングの商品だけどコレは何?コチラはニュージーランド最大のアドンチャーレースである「Cost To Cost」でも9回の優勝記録を保持するスティーブ・ガーニー氏開発のスキントラブルを防いでくれるワセリンより断然効果が高い有り難いクリーム。日本ではあの田中正人氏率いるチームイーストウィンドが愛用しており、ハードで長時間動き続けなければならないアドベンチャーレーサーからトレイルランナー、バイカーなどに口コミで広まって来ている。長距離・長時間のレースでは、ソックスを常にドライな状態にしておかなければならないが、ハードな状況ではスペアのソックスは荷物にもなるし、履き替えている時間も惜しいところで、実際のところ、足のコンディションを常に乾燥させておくということはかなり難しいものがある。そこで、ガーニー・グーが常に足を最良のコンディションに保つだけでなく、摩擦も減らしてマメや水ぶくれなどの擦れから来るトラブルを防いでくれる。もちろん、足だけでなく、ランニングなどでもいつも悩まされる脇の下・股・お尻・乳首など身体全体のトラブル防止に非常に有効。

IMG_9698.jpg

最大の効果を得るためにはレースや山行のスタート12時間前に適度な量を塗りこんで、スタート前にもう一回塗っておく。その後は、軽量化であれば別の小さい容器にでも移し替えてから持ち運び、約12時間毎に塗っていけばバッチリ!

ga2gu10ml.jpg IMG_2764.jpg  

Gurney Goo / 10ml tube / 556 yen+tax

お試しや数回の使用、目指すレースやロングレースなどの途中に塗りたいということであれば、5mlのサシェを持ち運ぶのがオススメ!


【“2サイズ共に再入荷!長時間レースやファストパッキング、雨の行動時のマストアイテム! Gurney Goo ガーニーグー再入荷!”の続きを読む】

この秋冬のロング縦走やファストパッキングにオススメ!日本限定モデル40含めたOMM Classicシリーズ

IMG_8097_20170817122205477.jpg  IMG_8096_201708171220377cd.jpgIMG_8109_20170817122040209.jpg IMG_8110_201708171220419fe.jpg
 OMM-Logo-Fill-Orange.gif

OMM / Classic 40 / black-orange / 18,000 yen+tax

総重量:750g
本体重量:580g
容量:40㍑
背面長:50cm
バックパディング:Duomat(取り外し可能)
生地ファブリック:軽量防水リップストップ210T&高密度ナイロンHTTF

9/12現在、残り在庫2個あり。メーカーフリー在庫も完売です。完全日本別注生産のため次回再生産は未定ですので、お早めにどうぞ!
通販BASEカートは
コチラ→

待望のOMM容量大のモデルがついに登場!自分もまだ登山とトレイルランニングというスタイルを別に考えていた時代。そして、ファストパッキングという呼ばれ方もない時代に初めて、ランニングと縦走登山をミックスしたスタイルでトライしたパックがこの40㍑という容量であった。その後は、自分自身の経験と能力を高め、自身を知ることによって5㍑ずつ落としていき、35→30→25→20と様々なメーカーのパックをテストして、自分のファストパッキングスタイルを確立していった。

そんな経緯もあり、きちんと快適に走れるこ40㍑位の容量のパックがほとんど業界で次々と廃番となってしまった時代なので、OMM総代理店NOMADICSさんに話をもちかけ、共同で細部までのリクエストを伝えてOMM本国UKに作っていただいた。今回初回日本国内のみの限定数量300個生産でついに本日SHMWへ入荷!NOMADICSさんありがとう!!

50-60㍑オーバーのパックを背負っての縦走登山から軽量軽快登山へ、いずれは30㍑台のパックで山行をしてみたい、32㍑のClassicパックを持っているがもう少し山行の距離を伸ばしたい、食料やお酒を増やしたい、通常の軽量登山ハイキングやファストパッキングにクライミング、沢登りのなどの別のシューズやロープ&ハーネスなどのギアアイテムをプラスしたい、そんな皆さんにとっての未知なる山行のレベルアップへの想いをこのClassic 40はきっと実現させてくれるはず!

今までのClassic25&32シリーズとの変更ポイント

IMG_8380.jpg IMG_8381.jpg IMG_8384.jpg

*Classic32のLeanWeightの背負い心地機能をベースに、背面長は変えずにパック本体の胴回りをダルマ型に大きくして、今までのClassic25&32では個人で取り付けていたサイドのバンジーコードでのコンプレッションシステムを最初から標準装備!そのおかげで、山行初日や最初は40㍑パンパンに荷物が入っていたとして、山行後半にて食料や水、燃料が少なくなってきても、後半の下りもしっかり走れる程にパックの荷物が暴れて動かないようになっている。これは普通のパックでは難しい部分とされる、「大は小を兼ねる」テキな優れた機能となるので大きなポイント。

IMG_8383.jpg IMG_8386.jpg IMG_8382.jpg

*SHMW側で声を大きくしてコダワってリクエストをかけた部分であるが、藪漕ぎ、岩場混じり山行スタイルのスクランブリングからマルチピッチクライミング、沢登りであると、これまでのClassic25&32のパック横のメッシュポケットであると、耐久性が弱く、ポケット本体のマチの大きさや深さも、ロープやギア類を入れると厳しいものがあったので、この辺のポイントを大きく変更していただいた。実際に背負いながら手を入れてもらえば分かるはずだが、大容量かつ取り出し易く、そしてメッシュポケットではなく、耐久性重視の強度のあるコーデュラ系素材の使用により、日本アルプスなどのバリエーションや近くのスクランブリングまで、ポケットに入れたギアによる破れや破損を極力防いでくれる。


【“この秋冬のロング縦走やファストパッキングにオススメ!日本限定モデル40含めたOMM Classicシリーズ”の続きを読む】

全サイズ在庫あり!ハイキングやファストパッキング、ロングトレイルレースにオススメな通気性ダントツの完全防水レインパンツ Teton Bros. / Breath Pant

tetonbroslogo_20141121153047111.jpg
IMG_9457.jpg
IMG_9251_20150914172404330.jpg IMG_9256_2015091417240886e.jpg IMG_9253_20150914172406493.jpg IMG_9255_20150914172407117.jpg
IMG_9246.jpg IMG_9240.jpg IMG_9244_201509141723231db.jpg IMG_9243.jpg

身長177cm、体重70kg、ウエスト30inchの男性がMサイズを穿いています。

Teton Bros. / Breath Pant / XS,S,M,L / 22,000 yen+Tax

9/12現在、女子向けサイズのXSサイズから、男性向けのS,Mサイズと在庫あり!探していた方は是非!標高が高いアルプスエリアにてはランパンやハイキングパンツの上からの保温着としてのオーバーパンツに、また、パンツ自体のフォルムが非常に美しいので、ハイキングやファストパッキング、ロングトレイルレースにそのまま穿いて、街に下りてきても全く違和感なし。レインパンツとは思えないスタイリッシュなフォルムで、同社のTsurugi Jacket同素材のNeo-Shell完全防水で通気性が高いので、Tsurugiを気に入ってる方はマストです!

非常に軽量でシンプルな完全防水透湿パンツを探していたがなかな見つからなかったため、Teton Bros.さんにお願いし、Lotusさんと共に意見を出し合い完成したマウンテンランニングカテゴリーのレインパンツがこのブレスパンツ!軽量且つ、透湿性の良いNeoShellを採用。軽さ、通気性の良さ、ランニング時にも対応する膝周りの動き易さ、完全防水レインパンツとは思えない程の動きやすさで、通常のクライミングやトレッキングパンツの感覚でずっと穿ける。

一番の特徴はやはりNeoShellというPOLARTEC社の作り出すメンブレンを使用し、完全防水透湿レインパンツとしては、業界最軽量で作られているポイント。耐水圧10,000mmはGORE-TEXと比較すると数値データ的には落ちるが、完全防水という数値で考えでも十分過ぎる値で、特筆すべきは、透湿性20,000mmという通気性であろう。ポリウレタンメンブレンを使っていて内側にトリコットメッシュを使用している3レイヤーとなっており、GORE-TEXやeVentを遥かに超える透湿性能を誇る。GORE-TEXの場合は全く風を通さないという点がメリットにもなっているが、運動量の高いアクティビティにおいては、逆にその風を通さないというポイントがジャケット内で結露をおこすというデメリットにもなる。その点、このNeoShellは僅かではあるが風を通すというメンブレンなので、その点が動きの激しいマウンテンランニングなどの心臓を使うアクティビティ時にはメリットとなっている。

IMG_4062.jpg IMG_4073.jpg

普段の街使いやモーターバイク通勤などであると、どうしても耐水圧や防水性というポイントに重点をおくことになるが、登山や心臓を使った有酸素運動、雪山登山のラッセルなどは防水性は10,000mmもあれば十分、むしろ、ある程度、風が通ってくれて通気してくれジャケット内で蒸れずにベースレイヤーが汗で濡れないという事を重要視する方が多い。また、シェルジャケットを何回も着脱するのが面倒、着っぱなしでパックを背負って動き続けても汗をかきにくい方がベターだと考えるコアユーザーは多い。こんな熱量の高いマウンテンランニング、スノーシューイング、ハイクアップの多いバックカントリースキー&スノーボードをアツく楽しんでいられる方には、実に頼もしいメンブレンである。裏返しにしたら分かるが、きれいに全ての縫い目がシームされており、完璧な完全防水となっている。


【“全サイズ在庫あり!ハイキングやファストパッキング、ロングトレイルレースにオススメな通気性ダントツの完全防水レインパンツ Teton Bros. / Breath Pant ”の続きを読む】

残り在庫僅か!いつものナイトランからファストパッキングに使える明るさとバッテリー寿命、軽さのバランスが優れたヘッドランプ Black Diamond / Sprinter

BD Sprinter



Black Diamond / Sprinter / 9,600 yen+tax

9/10現在、残り在庫あり!メーカー在庫なしなので、この秋の山行やトレイルロングレース、普段のナイトラントレーニングに使用したい方はお早めに!ナイトランの良き相棒としてぜひ!昨シーズンまでと機能性や使い勝手はほぼ変更なしですが、200ルーメンと最大の明るさがアップデートしてついにNEWリリース!個人的にヘッドランプで普段のナイトランやファストパッキングなどの山行やOMMレース、クライミングなどの国内&海外トリップ、レースと一番使用率が高いヘッデン。また、メインライトは点灯せずに、赤のテールライトのだけの点灯や点滅も可能なので夜のロードランニングやロードバイクでの通勤もバッチリ!しかも、かなり買い易い価格!昨シーズン買い逃した方や、ビビッときた方はお早めにどうぞ!

IMG_9052_20160419163058dca.jpg IMG_7506.jpg IMG_7509.jpg IMG_9481.jpg  

このモデルリリース時から実はずっと愛用していたが、以前のモデルはテールライト機能など、軽さやフィット感は抜群に良かったが、ロードランニングにはバッチリだが、正直、明るさの面で真っ暗闇の中のトレイルのダウンヒルとなると物足りなかった。だが、昨年からの130ルーメンのアップデートモデルに関してはスペック表記の130lmとは全く思えない明るさで、夜のトレイルでも全く不自由なくダウンヒル可能!特に頭へのフィット感とバッテリー込みで僅か実測111g程の軽さが、日々のロードランニングトレーニングはもちろんローカルナイトトレイルランに最高に使える武器となる!しかも、赤のフラッシュテールランプも付き、メインライトと同時点灯から、テールランプだけの点灯も可能!早朝や夜間の通勤ランにもかなり便利!

→2017のアップデートは200lm(ルーメン)へのLEDのアップデート!正直、前versionの明るさでも十分トレイルでも走れるくらいの明るさで満足していたが、より最大の明るさがパワーアップしたにも関わらず、重さも実測104gと軽くなるわ、バッテリーのもちも良くなるわで良いことずくめでLEDの進化にはビックリする。

IMG_0226_20160419170122b55.jpg IMG_0227.jpg

3時間充電にて4時間程は200lmの明るさで使用できるので、日々のトレーニングからショートレースまでOK!また、最強の軽さなのでレースレギュレーションにもグッドだし、ロングレースであれば自分はあまりのお気に入りヘッデンにつき2つ持ちで、1個はドロッププバッグに入れておきます。ロングレースの場合は電池交換もしなくても良いのでオススメ!毎日使いたくなるような軽さで、しかも電池交換の煩わしさから解放されるI-phone同様のUSB充電の楽チン仕様。


【“残り在庫僅か!いつものナイトランからファストパッキングに使える明るさとバッテリー寿命、軽さのバランスが優れたヘッドランプ Black Diamond / Sprinter”の続きを読む】

長い間売り切れていたチタニウムが再入荷!無駄な部分を削ぎ落とした究極の燃焼器具 atelier setsugekka / TriPod Titanium Power

IMG_7557.jpg

IMG_7559.jpg tripodti1.jpg tripodti2.jpg

atrier setsugekka / TriPod Titanium Power / 4g / 5,000 yen+tax

9/10現在、在庫あり。長らく生産のなかったチタンversionがついに再生産、そしてSHMWにも限定数量ですが再入荷しました!普通に500ml以下位のカップでお湯を沸かす位であれば全く耐久性も問題なし!少しでも軽い方が良い方や、チタン好きはこちら(笑)

 軽さ:  チタン 4.1g    ステンレス 7.2g
 耐熱性: ステンレス 700℃ チタン 500℃
 強度:  ほぼ同じ(但し、高温時はステンレスが優れる)
 剛性:  ほぼ同じ

チタンは荷重をかけたまま高温にさらされると使用状況にもよるが、比較的クリープしやすい(徐々に曲がっていく)性質があるが、一度にお湯を600mlほど沸かす程度であれば全く問題はなく、通常の使用であれば安全マージンを考慮した設計になっている。どちらが良いのかというのはかなり難しい質問であるが、軽さを重視するのであればチタン、耐熱性や耐久性、コストであればステンレスというところで、両方使用していただいて(笑)使用者自身で使用状況により、より良い方をセレクトして各自の山行に合わせて使用していただくのが良い。


【“長い間売り切れていたチタニウムが再入荷!無駄な部分を削ぎ落とした究極の燃焼器具 atelier setsugekka / TriPod Titanium Power”の続きを読む】

20㍑のみ在庫あり!ハイキングからクライミング、アタックザックと使用できるダイニーマ生地採用の超軽量パック Black Diamond / BLITZ 20 & 28

IMG_2297_201704171441310b8.jpg

681194_Blitz20_WHIT_front_web.jpg  681194_Blitz20_WHIT_back_web.jpg

IMG_0036_201704171429319fd.jpg IMG_0034_201704171429293ad.jpg IMG_0030.jpg IMG_0032.jpg

Black Diamond / BLITZ 20 / 398g→364g(背面パッド取り外し時) / 9,000 yen+tax

通販BASEカートはコチラ→

9/9現在、残り2個のみ在庫あり。メーカー在庫も無しですので、この秋向けにお早めにどうぞ!

681195_Blitz28_WHIT_front_web.jpg  681195_Blitz28_WHIT_rear_web.jpg

IMG_0048.jpg IMG_0046.jpg IMG_0052.jpg IMG_0054_20170417143830997.jpg

Black Diamond / BLITZ 28 / 444g→410g(背面パッド取り外し時) / 11,000 yen+tax

通販BASEカートはコチラ→

9/9現在、店頭、メーカー在庫共に完売

グレーがかかったホワイトのようなカラーが新鮮な超軽量かつ耐久性抜群なダイニーマ素材のダイネックス生地を採用したシンプルかつミニマルな何にでも使えるパック。何より耐久性と軽量化を両立させたダイニーマ生地を惜しみなく使用して作られたパックにも関わらず買い易い価格設定が非常に嬉しい。一気室のシンプルな構造ながら、ワンアクションでパックの開閉が可能なのが見事であり、さらに小物類を入れられる止水ジッパーポケット搭載のトップポケットもあるのが、山での実際の使用も含め、普段の街でも使い易い。


【“20㍑のみ在庫あり!ハイキングからクライミング、アタックザックと使用できるダイニーマ生地採用の超軽量パック Black Diamond / BLITZ 20 & 28”の続きを読む】

秋の三連休にぜひ!少量在庫あり!超撥水生地と撥水ダウンを使ったキャンプとマルチに使える定番3シーズン寝袋 NANGA ナンガ別注 SHMW / Sky High Bag 300

IMG_3757_201606071112359fa.jpg 
IMG_3760_201606071112360e1.jpg IMG_3761.jpg IMG_3762_20160607111240053.jpg IMG_0432_2016060711124100f.jpg  

Sky High Mountain Works / Sky High Bag 300 / UDD770FP
melograno orange,polinesia blue, kenzia green
short,regular / 37,000 yen+tax
long / 38,500 yen+tax

通販ご希望の方はBASEカートに購入可能コチラ→
こちらのアイテムは送料無料です。

9/6(水)現在の在庫の詳細は通販BASEカートにてチェックしてください。関西周辺の2,000m以下の山々はもちろん、紅葉のアルプスシーズンにバッチリ使用可能!LWハイキング縦走やファストパッキングをどうぞ!素材&パーツ見直し、撥水ダウンへの変更と更に軽量化して、SEXY&POPなカラーでアップデートしたSHMW定番スリーピングバッグSky High Bag 300。これからの縦走登山、キャンプ、旅、軽量化志向のファストパッキング、ビーチキャンプや車中泊にも全てのシーンに使えるオールラウンダー3シーズン用スリーピングバッグがこのSHMW定番モデ。longはサイズが大きくなるため、10g羽毛増量分価格が少し上がります。価格もほとんどの羽毛ブランドが上がっていますが、なんとか価格据え置きです。寒がりな方はSOL / Escape BivvyCOCOON / Expedition Linerなどと一緒にご使用いただくと保温力がアップして快適に寝られます!


SHMW大人気の今回でversion5.0となる定番モデルが、さらにアップデートしてNEWリリース!羽毛量は男女に共に様々なシチュエーションで一番使い易い300g封入で、しかも今回より羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能ダウンのUDD770FPを使用。羽毛と撥水剤の樹脂を分子レベルで結合している為細かな粒子の壁を作ることにより水の分子の侵入を防いでくれる。「湿気を通すが水を吸わない」と正にスリーピングバッグにベストなダウン。シェル素材もNANGAさんでも使用していない、SHMW独自別注のエクスクルーシブ最軽量生地10×10dnナイロンNANO超撥水加工生地へと変更!カラーはどれにしようか迷ってしまうが、元気な女子向けにmelgranoフルーツをイメージしたPOPできれいなオレンジ、自分の好きなハワイやタヒチのきれいな海を連想させるポリネシアブルー、kenziaという葉っぱのきれいな緑をイメージしたグリーンの3色展開。ジッパーカラーもグラデーションとし、ゴム紐は今回は定番ブラックして、なるべく飽きのこない末永く使用できるような落ち着いたSEXY&POPなカラーにしている。

センタージッパーは、前モデルからさらに軽量化と収納時の嵩張りを少なくするために番手の小さいジッパーを使用しており、軽量化と操作性を重要視し上下から開閉できるようにダブルジッパーとしている。

また、コードロックやゴム紐など、その他パーツ類の見直しも行ったおかげでレギュラーサイズで530gと更に軽量化され、3シーズンモデルの業界の中では600gを大幅に切るダントツで軽いモノが出来上がった!1gでも重量を削りたいが、キルトのようにストイックにはなり過ぎず快適な安眠がしたい。ゴアテックスシュラフカバーを持って行かなくても、これ単体で結露もものともしない超撥水加工の寝袋が欲しいという方には正にピッタリなモデル!

女子快適使用温度 / 男子快適使用温度 / 使用可能限界温度:6℃ / 2℃ / -12℃
収納時サイズ:直径12×縦27㎝、スタッフサック重量:15g
重量:short 520gregular 530glong 545g前後 (計測時の湿度などにより多少前後します)
ショートサイズ(最大長203×最大肩幅80cm:身長165cm前後位まで)
レギュラーサイズ(最大長210×最大肩幅80cm:身長175cm前後位まで)
ロングサイズ(最大長228×最大肩幅85cm:身長185cm前後位まで)



【“秋の三連休にぜひ!少量在庫あり!超撥水生地と撥水ダウンを使ったキャンプとマルチに使える定番3シーズン寝袋 NANGA ナンガ別注 SHMW / Sky High Bag 300”の続きを読む】

SHMWオススメシューズにぜひ!自由自在に素早くフィットするシューレース全色再入荷!Salomon / Quicklace Kit

IMG_8432.jpg

IMG_8525_201609221454162d2.jpg

Salomon / Quicklace Kit / black,gray,white,red,yellow,green / 800 yen+tax

9/2現在、しばらく売り切れていた定番ブラックやなど全色再入荷!ブラックは特にお早めに!秋冬などアルプス山行に便利。寒くなって来た時こそ、グローブしながらでもシューレースが緩めたり締めたりが瞬時にできるコイツが便利!特に、ナチュラルランニング好きは前足部分はキチッと締めて欲しくない方が多いと思うので、このサロモン製クイックレースキットは微妙なフィットもお手の物なので、ルーズにして踵部分を締めるなんても可能。ぜひおためしあれ!

サロモン以外のシューズでも何でも装着可能なクイックレースキット!こういうタイプのモノは数社からリリースされているが、コノ本家と呼べるサロモンのキットは、紐部分を落下傘部隊のパラシュートに使われているモノと同じものを使用しているため、耐久性、摩擦に強く、非常に切れにくい!自分もすでに100マイルレースはもちろんかなりの距離をこのシューレースキットにより走ってテストしたが、素晴らしくフィット感と耐久性がある、そして、とにかく紐のロック部分がズレることがないので、どこかのシューズと違って結び直しをする必要がない!Salomonはスノーボードのブーツの紐にもコレを採用しており、ハードなライディングでかなり強く引っ張っても切れず、シューレースがズレる事がなく定評がある。

 IMG_8519.jpg IMG_7954_2016092214550065d.jpg IMG_3134_201609221454593cc.jpg IMG_0968.jpg

通常のコノ手のクイックレースキットであると、シューレース全体を均等に締め上げてしまうが、このサロモンは足の幅広な方などは前部分はユルくして締めずに、後半のシューレースのみ締め上げるという事も可能で、微妙なフィット感も自分で調整可能。もちろん、シューズは踵のヒールカップが命なので、必ず踵のカップに足を収めてからシューレースを締め上げてください。

クイックレースキットの先端に手で引っ張り易いようなパーツがありますが、ランニング時は重みで音がするし、揺れや動きがあります。個人的にはこのパーツは見た目は悪くなりますが、無い方がランニング時のパフォーマンスを考えると良いかなと。色々ご自身で考えて使用してみてください。



【“SHMWオススメシューズにぜひ!自由自在に素早くフィットするシューレース全色再入荷!Salomon / Quicklace Kit”の続きを読む】

8月のお休み、9月のお休み

IMG_0614.jpg

ただいま春夏物ウェア&シューズSALE開催しています!

8月のお休みは、23(水)-24(木)-25(金)、30(水)-31(木)-9/1(金)です。

9月のお休みは、もうしばらくお待ちください。

お休みの期間中は、電話や通販BASE対応ができません。休み明けの対応となりますのでよろしくお願いします。

虫の多い低山で活躍するメッシュ付き1-2用シェルター在庫あり! Six Moon Design / Deschutes Plus Tarp デュシュッツプラスタープ

IMG_9026.jpg

DeschutesPlus_Closed.jpeg DeschutesPlus_Open.jpeg

DSC02289.jpg DSC02267_201609121638597f8.jpg 
IMG_6120_2016091414542457b.jpg

Six Moon Design / Deschutes Plus Tarp / 35,000 yen+tax

通販BASEカートはコチラ→

8/29現在、在庫あり!この450gという軽さで蚊も寄せ付けないメッシュネットもあり、最大二人、一人なら超ラグジュアリーな居住空間を持ったシェルターはなかなかありそうでない!しかも、ネット付きでこの買い易い価格!軽量スタイルでこの夏はオーバーナイトをやってみたいという方はオススメ!

もはや大きめのツェルトと変わらない500gを切る僅か450gというとんでもない軽さのハイブリッドシェルターがこのデュシュッツプラスタープ。モデル名はタープとあるが、そこらのタープとは大違いできちんと全ての面に壁があるので見た目はテントそのものでもちろんOMMレースのレギュレーションにもバッチリハマる!居住空間も一人ではギアを沢山入れ込んでも持て余すほどの広さで大人二人がギリ寝れるほど。そして、他ブランドではほぼ見かけないハイブリッドシェルターと言われる部分が、写真でも分かる通りシェルターの底の周囲を囲む裾にバグネットのメッシュが全て覆われている。このおかげで日本の暖かい地域ではお馴染みの煩わしい蚊や夜間時に蛾が入ってこない。また、このメッシュが非常にきめ細かいメッシュなのでかなり風もある程度防いでくれ、裾のメッシュ自体がシェルターの内側に入り込んでいるため、雨天時でも雨のはね返りを最小限に抑えてくれる。通常、この手のシェルターは内側全体にバグネットを仕込んでダブルウォールテント状態にするモデルが多いが、それではメッシュがどうしてもかなり重量が嵩んでしまうので、良い部分をうまく最小限に取り付けて重量を抑えている。これぞハイブリッドシェルターと言えるポイントで、個人的にもこのモデルが輝いて見える部分かと。

IMG_8994.jpg IMG_9012.jpg IMG_9014_201708291039590e6.jpg IMG_9016.jpg

一人だと持て余す位な居住空間で、二人でもお互いのギアを中に入れてもバッチリ寝れるルーミーさ。特に関西より西などのビバーク練習でまずは低山辺りで経験を積んでいくはずだが、低山で気になる蚊や蛾などの虫が全体にあるメッシュのおかげで気にならないのが良い。就寝前に一発内部で蚊取り線香でも焚けば完璧だろう。ワンポールの長さにより、内部の居住空間の広さや、風が強い時は下に下げたりして、自由に調整できるので、そのシチュエーションで自由自在に立てることができる。

IMG_0382.jpg IMG_0379.jpg IMG_0381_20160912183416d78.jpg IMG_0383_201609121834187df.jpg IMG_0388.jpg

先日行った剱岳周辺のスクランブリング&マウンテンランニングトリップでは、貸切の真砂沢でシェルター脇に岩を固めて並べていき、より、風を入らないようにシャットダウンした。男二人でファストパッキング装備にクライミングロープ&ギア類と入れて、少し斜めに互い違いにして寝る感じで使った。高さが120cmほどもあるので着替えが内部で可能。また、上部に通気口もあるおかげで、炊事をしたりしても、朝の気になる結露が全く無く非常に快適だった。


【“虫の多い低山で活躍するメッシュ付き1-2用シェルター在庫あり! Six Moon Design / Deschutes Plus Tarp デュシュッツプラスタープ”の続きを読む】

FC2Ad