ダークブラウンのS,Mサイズのみ在庫あり!普段穿きからボルダリングまでフルストレッチするあったかコーデュロイパンツ MONTURA / GRAZ PANT

IMG_5796_20171208171656332.jpg
IMG_5786.jpg IMG_5785.jpg
IMG_5731_20171208171504edf.jpg IMG_5730_20171208171502028.jpg IMG_5733.jpg IMG_5735_20171208171506c0c.jpg
IMG_5778.jpg IMG_5776.jpg IMG_5780.jpg IMG_5782_201712081718148e6.jpg

身長177cm、体重68kg、ウエスト30inchの男性がMサイズ着用

MONTURA / GRAZ PANT / dark brown,dark green / S,M / 16,000 yen+tax

1/12現在、dark brownのS,Mサイズのみ在庫あります!メーカー在庫ももう無いのであったかい冬用パンツが欲しかった方は是非!

寒い冬はなんだかんだでCLASSICなコーデュロイパンツに勝るものはない!テクニカルなイメージの強いイタリアのコアなODブランドのモンチュラだが、実はこんな実用的かつ普段に言われないとモンチュラだと分からないほどのシブいアイテムも作っている。以前リリースされた少しワイドスタイルのモデルをより現代風にアレンジし、お尻と腿はゆったりの裾の方は狭めていく非常に穿きやすいテーパード気味のフォルムになっている。

IMG_5753.jpg IMG_5751_201712081725182aa.jpg IMG_5738.jpg

特筆すべきは穿いたら病みつきになってしまうその気持ち良い温かさに、コットンニードルコードという全方向にフルストレッチする動き易さ!クライミングパンツのフォルムを元に作っているので、普段着はもちろんハードなボルダリングのムーブでも楽勝。通勤からの普段のインドアボルダリングジムから、フリクション抜群の寒い冬の外岩でも間違いなく活躍してくれる!

 IMG_5740.jpg IMG_5788_20171208172410e6e.jpg IMG_5742_20171208172410721.jpg IMG_5798.jpg

フロントに便利な深いマチがある左右ハンドウォーマーポケットがあり、さらにバックにも左右ベルクロ留め付きのカーゴポケットも搭載しているので、これで大事な財布も落とさない。



【“ダークブラウンのS,Mサイズのみ在庫あり!普段穿きからボルダリングまでフルストレッチするあったかコーデュロイパンツ MONTURA / GRAZ PANT”の続きを読む】

1/13(土)-14(日)PaaGoWorks RUSH UT 展示予約会開催!

rush ut

PaagoWORKSのHP&FaceBookなどでの発表、ファンの方々はすでにチェックされているはずだが、PaagoWORKSパックデザイナーテツさんがここまで時間をかけて、アスリートと共に作り上げたパックは未だかつて無い!気合い入りまくりのパーゴ期待の新作モデルRUSH UTが遂にリリース!一体どれだけのサンプルを作り上げたのであろうか!?すでに自分もプロトタイプを使用させてもらっているが、自信を持ってオススメできる軽く強く恐ろしくフィット感のあるベストパックの完成形といった感じだ。ただ、この手元にあるプロトタイプから、さらに多くのアスリート達による意見により、合計36箇所もの細かいアップデートが追加されたのも驚きで、これから完成形が送られてくるはずだが、実に楽しみでしょうがない。オールブラックのシンプルかつミニマルなフォルムにも関わらず、走りながらパックを下ろさずとも様々なモノの出し入れが実にイージーにできる機能的なポケットが盛り沢山。そして、特筆すべきは荷物が多くなっても激しいダウンヒル時でも身体に吸い付くようなそのフィット感!しかも、一個のワンサイズのパックで身長150cm前後の小柄日本人女子から、自分のようなゴツい体型の人間まで完璧にフィットする独自のサイズ調整機能。見た目のシンプルさでは分からない作り手テツさんとこのプロジェクトに関わった情熱が詰まったこのRUSH UT。機能性やフィット感などはここでは書き切れない。ぜひ実際に手にとって背負って感じていただきたい。

今回はPaagoWORKS側でも、一番プロダクツの良さを分かってもらえるガチに取り組んで気合い入ったウルトラトレイルレーサーに向けて発信している。ただ、自分もテストさせていただき、トレイルレースはもちろんだが、今までのRUSH以上にボディ生地に耐久性の高いX PACK生地などを採用しているので、岩場などのテクニカルなスクランブリングセクション含め、ナビゲーションや地図読み藪漕ぎなどOMMテキなスタイルにも十分過ぎる程マッチすると感じている。機能的な多くのメッシュポケットの耐久性などはまだ回数使用しないと不明だが、正にマウンテンランニングに使えるパックではないだろうか。他店などはレースと共にこのパックは宣伝していくはずだろうが、SHMWらしくレース使用でのオススメは当たり前だが、SHMWユーザーの皆さんならではの山を駆け巡るマウンテンランニングで武器として使っていただきたい!ぜひ、皆さんこの日に背負いに来てくださいね!

挑戦者のための RUSH、その名も” UT”。
ウルトラトレイルランナーのために長い時間をかけて開発した
パーゴワークスの自信作がデビューします。


​【RUSH UT 展示予約会】

​■日時  1/13(土) - 1/14(日)

■時間 店舗営業時間内

​■会場
 東京 Run Boys! Run Girls!
 静岡 ATC Store
 山梨 道がまっすぐ
 愛知 Moose
 兵庫 Sky High Mountain Works
 愛媛 T-Mountain

■内容 上記店舗にてRUSH UTの試着とご予約ができます。

​■予約について
 ・1stロット分は数量が限定されていますので予約条件を満たした方のみ予約を受け付けます。
 (予約数が店舗限定数を上回った場合は抽選とさせていただき、これに漏れた方は2ndロットでの引渡しとなります)
 ・2ndロット分は予約条件なしにご予約いただけます。
​ ・ご予約はお一人様一点とさせていただきます。

■予約条件
 2018年の100kmまたはそれ以上のトレイルレースに既にエントリー済みの方(国内外問わず)
 ※予約会にお越しの際にはエントリーを証明できる資料や画像をご用意ください。

■納期  下記日程で各店頭にて引き渡し
 ・1stロット分---3月初旬予定
 ・2ndロット分---4月中旬予定

■備考
・取り扱い店舗にフィッティング用サンプルをご用意しております。是非ご試着ください。
・RUSH-UTはウルトラトレイルランナーのために開発され、日本国内で少量生産する特別なプロダクトです。

そのため初回はプロショップでの店頭販売に限定し、予約条件を設けさせていただきます。これはRUSH UTをまずはレース参加予定のある方にお届けしたいという我々の願いがあるためです。 何卒ご理解ください。

・2018年は合計3回の生産を予定しています。

詳細はPaagoWORKS HP コチラ→




【“1/13(土)-14(日)PaaGoWorks RUSH UT 展示予約会開催!”の続きを読む】

12月のお休み

IMG_4884.jpg

12月のお休みは、6(水)-7(木)、13(水)、18(月)-19(火)、25(月)-26(火)です。

年内は28(木)までの営業となります。

暗くなるのが早い冬場の山にぜひ常備して欲しい!僅か53gのUSB充電仕様最軽量ヘッドランプ Black Diamond / Iota

IMG_9485_20170306170329080.jpg



620628_BLAK_Iota_web.jpg 620628_DENM_Iota_web.jpg 620628_NCKL_Iota.jpg 620628_OCTN_Iota_web.jpg 620628_SAWA_Iota_web.jpg

Black Diamond / Iota / black,denim,nickel,octane,salt water / 4,800 yen+tax

12/23現在、全カラー在庫あり。暗くなるのが早い冬場の山にはぜひ常に持ち運びしていただきたいUSB充電仕様の楽チン最軽量ヘッデンがこのIOTA!ハイカー、トレイルランナー、ランナー、クライマーと全てのアウトドアラバーズにオススメしたい名品!一人一個オススメしたい毎回の山行でも持ち運べるもしもの時のヘッドランプ、縦走時の夜のキャンプ時にしようするのであればこれで十分。おまけにケータイのモバイルバッテリーで充電できるので便利!

実測僅か53gのアイオタ!ヘッドバンド含めて手の平の中に余裕で収まってしまう程に小さくコンパクトなヘッドランプ。驚異的なのはこのサイズで最大150lmルーメンの明るさがあり、しかもUSB充電仕様にIPX4の防滴仕様。完全防水ではないが山や街でもランニング時の汗や雨は全く問題なしの生活防水レベル。3時間の充電にてハイパワーの150ルーメンにて2-3時間の使用が可能!150ルーメンあれば全く問題なくトレイルでも走ることができる明るさなので、近所の裏山をちょっと走りに行ってくる的なナイトランはもちろん、このとてつもない軽さのメリットを生かして、朝の暗いうちから走りに行ったり、日の出とともにクライミングしたり縦走に出発する時など、30分から1時間使用したら不要になり、あとは夕方暗くなったらの保険としてヘッドランプは持っておきたいという感じになるので、このアイオタは少しでも重量や嵩張りを抑えるのには正にもってこいのヘッドランプ!縦走などの夜のキャンプ時に使うのみであれば、十分これで足りるはず。バッテリーの不安な時でも、ケータイのモバイルバッテリーが使用できるので安心!

IMG_9484_20170306211749faa.jpg IMG_9483_2017030621174899d.jpg IMG_9482_201703062117463cb.jpg

USB充電仕様のアウトドア用ヘッドランプでは、間違いなく業界最小最軽量モデルかと。朝早いトレーニングセッションや夕方のビール前のハイクやランにはもってこい!これぞ芦屋ロックガーデン公認ヘッドランプ(笑)もちろん、この小ささでも誤作動防止のセーフティ機能や照度の無段階調整機能もあるので、ハイクや登りの時などは150ルーメンの明るさも無くて十分なので、照度を100ルーメン程に下げてあげれば、5-6時間の使用も可能かと。



【“暗くなるのが早い冬場の山にぜひ常備して欲しい!僅か53gのUSB充電仕様最軽量ヘッドランプ Black Diamond / Iota”の続きを読む】

少量再入荷!いつものナイトランにぜひ!明るさとバッテリー寿命、軽さのバランスが優れたヘッドランプ Black Diamond / Sprinter

BD Sprinter



Black Diamond / Sprinter / 9,600 yen+tax

12/23在庫あり。この秋の山行やトレイルロングレース、普段のナイトラントレーニングに使用したい方はお早めに!ナイトランの良き相棒としてぜひ!昨シーズンまでと機能性や使い勝手はほぼ変更なしですが、200ルーメンと最大の明るさがアップデートしてついにNEWリリース!個人的にヘッドランプで普段のナイトランやファストパッキングなどの山行やOMMレース、クライミングなどの国内&海外トリップ、レースと一番使用率が高いヘッデン。また、メインライトは点灯せずに、赤のテールライトのだけの点灯や点滅も可能なので夜のロードランニングやロードバイクでの通勤もバッチリ!しかも、かなり買い易い価格!昨シーズン買い逃した方や、ビビッときた方はお早めにどうぞ!

IMG_9052_20160419163058dca.jpg IMG_7506.jpg IMG_7509.jpg IMG_9481.jpg  

このモデルリリース時から実はずっと愛用していたが、以前のモデルはテールライト機能など、軽さやフィット感は抜群に良かったが、ロードランニングにはバッチリだが、正直、明るさの面で真っ暗闇の中のトレイルのダウンヒルとなると物足りなかった。だが、昨年からの130ルーメンのアップデートモデルに関してはスペック表記の130lmとは全く思えない明るさで、夜のトレイルでも全く不自由なくダウンヒル可能!特に頭へのフィット感とバッテリー込みで僅か実測111g程の軽さが、日々のロードランニングトレーニングはもちろんローカルナイトトレイルランに最高に使える武器となる!しかも、赤のフラッシュテールランプも付き、メインライトと同時点灯から、テールランプだけの点灯も可能!早朝や夜間の通勤ランにもかなり便利!

→2017のアップデートは200lm(ルーメン)へのLEDのアップデート!正直、前versionの明るさでも十分トレイルでも走れるくらいの明るさで満足していたが、より最大の明るさがパワーアップしたにも関わらず、重さも実測104gと軽くなるわ、バッテリーのもちも良くなるわで良いことずくめでLEDの進化にはビックリする。

IMG_0226_20160419170122b55.jpg IMG_0227.jpg

3時間充電にて4時間程は200lmの明るさで使用できるので、日々のトレーニングからショートレースまでOK!また、最強の軽さなのでレースレギュレーションにもグッドだし、ロングレースであれば自分はあまりのお気に入りヘッデンにつき2つ持ちで、1個はドロッププバッグに入れておきます。ロングレースの場合は電池交換もしなくても良いのでオススメ!毎日使いたくなるような軽さで、しかも電池交換の煩わしさから解放されるI-phone同様のUSB充電の楽チン仕様。


【“少量再入荷!いつものナイトランにぜひ!明るさとバッテリー寿命、軽さのバランスが優れたヘッドランプ Black Diamond / Sprinter”の続きを読む】

廃番決定につき最終在庫になります!僅か48gの超軽量完全防水ミトンオーバーグローブ! Terranova / Top Bags テラノバ トップバッグ 

TopBags.jpg

logo_20170214143451363.jpg
Extremities_2017021414344835f.jpg

IMG_8926.jpg IMG_8927.jpg IMG_8930.jpg 
 
Terranova / Top Bags / S / 5,400 yen+tax
廃番モデルにつき 20% OFF 4,320 yen+tax

SHMWお馴染みのBlack Diamond / Montblancや薄手グローブの保温性アップや防水性能アップに最適なオーバーミトングローブがまさかの廃番決定(泣)これに変わるここまで軽くて使えるモデルは今の所リリース予定は無しなので、愛用している方はスペアなどお早めに!普段の日帰り低山マウンテンランニングやハイキング、縦走時、マウンテンレースにおいて、雨や雪予報の保険に便利な完全防水最軽量ミトン。最終残り在庫のみですが、お買い得プライスでどうぞ!

*サイズ感的には、余程厚い冬用グローブでない限り、薄いソフトシェルグローブやフリース&メリノウールグローブの上からの着用であれば、男女共にSサイズで十分のサイジング。ちなみにXSサイズは生産されていません。

完全防水透湿性素材を使用したミトングロープでは業界最軽量クラスの左右ペア(Sサイズ)で僅か48gのUKテラノバミトン。生地は見た目はGore-Tex/Paclite2.5layer辺りの生地に似ているが、Terranova-Extremitiesオリジナル防水透湿性素材を使用した高密度リップストップナイロンの一枚生地にツェルトなどの生地にも行われている防水透湿コーティングをしている。表生地も以前の生地と比較して、耐久性があり、OMM / Kamleika Overmittまではいかないにしてもストレッチ性があり装着感良し!

IMG_8932.jpg  

きちんと縫い目もフルシーム処理をしており、カフも長めになっているので、完璧に雨や雪などの侵入を防いでくれる。手首カフのアジャストも片手で引っ張るだけの簡単さなので、暑くなったり、手が寒くてかじかんできた時などスピーディに脱着が可能。


【“廃番決定につき最終在庫になります!僅か48gの超軽量完全防水ミトンオーバーグローブ! Terranova / Top Bags テラノバ トップバッグ ”の続きを読む】

タフであったかい指切りミトングローブ最終再入荷! Terranova / Hawk Mitt

IMG_E5080.jpg IMG_5070.jpg

logo_20171126143154baf.jpg Extremities_2017112614314964d.jpg
brown2.jpg brown1.jpg brown3.jpg  brown

green3.jpg green1.jpg green2.jpg  green

navy1.jpg navy2.jpg navy3.jpg  navy

Terranova / Hawk Mitt / brown,green,navy / S,M,L / 3,900 yen+tax

12/19現在、brownはMサイズのみ在庫あり、greenはM,Lサイズ再入荷!今期はこの入荷で最後です。通常男性でMかLくらいのサイズ感です。女子や細い手の方はSサイズあたりかと

寒い時期の普段の自転車バイク通勤から、ハイキング、テクニカルな岩場混じりのマウンテンランニングまで使える指切りフィンガーレス、そして指を保護するミトンが付いたオールラウンダーグローブがこのホークミット。耐久性の高い撥水加工をされた防風性ソフトシェル生地をメインボディに、内側にTERRANOVA独自素材のXBLOCKという蒸れにくい通気性の高い防風性メンブレンをインサートした要はウィンドストッパーグローブだが、これがまた丈夫でコスパの高いグローブとなっている。完全防水ではないが、そのおかげで熱量の高いマウンテンランニングや普段のランニングバイクライドでも手の中が蒸れにくい。

IMG_5076.jpg IMG_5059.jpg IMG_5043.jpg IMG_5064_20171129103710235.jpg

寒いシチュエーションでは、ミトンを指に被せて使用する。グローブ全体の内側は汗が拡散し易いようなグリッド地のポリエステルフリースで、手の平側にはシンセティックスウェードレザーが付いているので、トンがった岩や棘のある木々を握ったとしても安心感あり!




【“タフであったかい指切りミトングローブ最終再入荷! Terranova / Hawk Mitt”の続きを読む】

明日予定通り開催します!マウンテンランナーのための外岩ボルダリングセッションvol.2 Mountain Running+Bouldering Session

IMG_2731.jpg IMG_9452.jpg IMG_2782_20171130195259430.jpg IMG_2749.jpg IMG_6724_20170301174005a99.jpg

Mountain Running + Bouldering Session in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

明日予定通り開催します!予報では朝から良い天気で晴れて湿度も低くパーフェクトな岩日和となりそうですので、みんなで楽しみましょう!ただ、移動中や岩登り中は快適でも、最高気温が芦屋でも8℃までしか上がらないようなので、レスト中やお昼ご飯時に寒くないように、ダウンジャケットなどしっかり防寒対策もしておいてください。夕方までを目処に芦屋川に戻ってくる予定ですので、各自、好きなお昼ご飯も持参ください。途中、エリアにて交替で登りながらランチタイムの時間も取ります。重くなり過ぎない装備で、持って行きたい方は各自でお湯を沸かす燃焼器具などでラーメン、スープ、コーヒーブレイクもOK!移動間はハイクやゆっくりジョグで進みますので、動きやすい服装にトレイルシューズご持参ください。また、すでに動きやすい小さいボルダーマットなど持ってればぜひ背負ってきてください。肝心のクライミングシューズ&チョークバッグをお忘れなく!

当日の緊急連絡先は下記になりますので、何かあればご連絡ください。
SHMW北野:090-8381-7706


SHMWがベースとしている芦屋ロックガーデンは正にネーミング通り「岩」の宝庫。昔から先人たちはロープクライミングやボルダリングの良いトレーニングの場として利用していた聖地のようなエリア。この古くて新しい芦屋ロックガーデンをただの流行りで訳も分かっていない人たちで一杯になって欲しくない。ロックガーデンと共に自身の山での経験値を上げながら、永続的な良いカルチャーを時間をかけてゆっくり定着させたいと思っています。これまではLight&Fastの視点から新しい遊び上手なハイカーやトレイルランナーを増やしたいと思い、お店での接客やイベントなどをしてきましたが、ここ芦屋ロックガーデンにベースを置くSHMWだからこそ、先人たちの岩との良いマウンテンスタイルを継承してリスペクトしながらも、新しく現代らしい「岩」と遊ぶ良いカルチャーを広げるべく、ハイキングやマウンテンランニングにプラスして、「クライミング」をよりフォーカスして定着させたいと思います。より皆さんに自己責任の意識を持っていただき、人任せではなく自分自身の登山スタイルを持ってもらうための啓蒙活動を行います。

今回は最初ということで、みんなに目標とヤル気を出してもらうために、岩登りの原点でもあるボルダリング完全ビギナー向けイベントです!ハイク&ランまたはスクランブリングを混ぜながら移動して、芦屋ロックガーデンに点在するClassicボルダーや昨年から開拓している新しいボルダーを実際にクライミングシューズを履いて外岩ボルダーを登ります。芦屋ロックガーデンにはクライミング専用のシューズを履かなくても登れるような難易度の低いボルダーや岩壁も多々ありますが、今後、各自でスクランブリングをやったり登山に生かすクライミングを覚えるためには絶対にクライミングシューズを履かなければ山レベルの向上はありません。自分自身でどの位の難易度の壁からはクライミングシューズを履きたい、履かなければならないと感覚を養わなければ全然ダメ。むしろ、その感覚や技術が中途半端過ぎては危険過ぎてスクランブリングはして欲しくない。まずは、今回はマットが薄くても無くても落ちても比較的大丈夫な低いボルダーにて遊びながら、クライミング技術、登山やハイキング、マウンテンランニングに有効なテクニック、ルールやマナー、これからのクライミングとの関わり方やトレーニングなども話せればと思っています。

IMG_4949_20170302112200a76.jpg  

岩登りの楽しさを知ってもらうのと、ハイキングがメインの方には同時にマウンテンランニングの機動力の高さや軽快さも知っていただきたいので、時には楽しく走ったりしてボルダー間を移動します。さまざまなセクションの移動や危険性、基本的なボルダリングやクライミングギアのシステムも説明できればと。ハイカーやマウンテンランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性などをお伝えします。このセッション以降はヤル気のある方向けに、少人数のプライベートスクールもやる予定です。ロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、より安全に高い岩壁をロープで楽しむ。ステップアップしながらDEEPな岩との世界にどっぷり浸かっていきましょう!

マウンテンランニングやボルダリングの力量というよりも、これからやりたいという気持ちや覚えたいというモチベーションが重要です。特に、今後ロープクライミングやバリエーション登山に興味がある、ギアも使用もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、ヤル気がある方の参加者のみでお願いします!

参加資格は各ボルダーまでの最大1時間位のアプローチでもハイク&ランで楽しく移動できる方。ゆっくりボチボチのスピードで移動します。高いトコでの恐怖心が無く、トレイルレースの参加だけでなく自分自身でルートを考えて、マウンテンランニングの遊びを行っている方、たまにインドアクライミングジムでちょこちょこ登っている方など、外岩ボルダリングしてみたいなとモチベーションが高い方に限らせていただきます。ボルダリングをどうやって、普段の山行に生かすのかイマイチ分からない方など、以前にクライミング系講習会に参加した方でも、月日が経過して忘れてしまっている方も復習がてらの参加もOKデス!

日時:
2017年12月17日(日)8:00-15:00頃まで

定員 : 先着順8名前後(最小催行人数4名)
*人数に達しなかった場合は次回開催になります

ハイカーやマウンテンランナーに知っていただきたいボルダリング、スクランブリング、クライミングのテクニック、ルール&マナー、ギアの使い方、遊び方などを説明をしながら芦屋ロックガーデン+荒地山周辺のSHMWオリジナルコースにてSHMW流のマウンテンランニング+ボルダリングセッションを行います。

集合:7:50 Sky High Mountain Works 店前集合
                             15:00 頃 Sky High Mountain Works 解散

 
参加費:3,000円(税込)
*このセッションはイベント中の傷害保険は含みません。必要な方はご自分でご加入を!
*参加費は講習当日にお支払いください。




【“明日予定通り開催します!マウンテンランナーのための外岩ボルダリングセッションvol.2 Mountain Running+Bouldering Session”の続きを読む】

ヘッドバンドからネックゲイターまで使えるPRIMALOFTを使用した汗冷えし難い革新的素材プリミノ MONTANE / PRIMINO® Baselayer

IMG_6042_20171215162243119.jpg

IMG_6035.jpg IMG_6047.jpg IMG_6039_2017121516224168f.jpg IMG_6036_20171215162240fe8.jpg
IMG_6032.jpg IMG_6031_201712151624170be.jpg
primino-140-chief-p609-12146_zoom.jpg primino-140-chief-p609-12149_medium.jpg primino-140-chief-p609-12148_zoom.jpg

MONTANE / PRIMINO® Baselayer / Primino 140 Chief / black,antarctic blue,saskatoon berry / one size / 3,500 yen+tax

こちらも本家Buffが一躍業界では有名になったが今や多くのブランドでも定番でリリースしている筒状の優れものアイテム。ネックゲイターからヘッドバンド、バラクラーバと想像次第で様々な使い方が可能な変幻自在のマルチアクセサリー。この便利な筒状アイテムがこのPRIMINO素材ときたら使えない訳がない(笑)今シーズン最後の再入荷です!


gray.jpg
navy_20171208174659ecd.jpg

IMG_5756_2017120817473515d.jpg
IMG_5755_20171208174734b8c.jpg IMG_5759_20171208174736e9b.jpg IMG_5760.jpg
IMG_5766.jpg IMG_5765_20171208174803797.jpg IMG_5768.jpg IMG_5770.jpg

身長177cm、体重68kg、胸囲92cmの男性がMサイズを着用しています

MONTANE / PRIMINO® Baselayer / Primino 220 L/S T-shirt / black,antarctic blue / S,M / 15,000 yen+tax

12/8現在、各サイズ極少量のみ在庫あり。プリミノファンの方々、お待たせしました!秋冬を中心に気温の低い状況下で行動する際にBESTな目付け220g/㎡の寒い冬ヴァージョンの220がロングスリーブのみ超限定数量ですが入荷しました!140より保温力があり、厚みがありますが、お値段も買いやすい価格。140を着ていて、ハイキングやクライミングなどスピードの遅いアクティビティ、ストップ&ゴーのクライミングやバックカントリーで寒く感じていた方は、この220をぜひともお試しください!普段着にも最高な着心地のざっくりした編みで温かいメリノウール、そしてPRIMALOFT化繊のハイブリッドのおかげで、普段着使いでも、外から建物内に入った途端、暖房が効き過ぎてベースレイヤーが汗で濡れても大丈夫!汗冷えし難いのがこのプリミノベースレイヤーの機能性です!

メーカーサイトにて、多くの方のプリミノのモニターレビューが公開されていますので、興味あればぜひチェックを!コチラ→

IMG_5774_20171208180326db0.jpg IMG_5772_20171208180326367.jpg

IMG_0667_20171007103453c66.jpg IMG_0643_20171007103532b74.jpg primino.jpg 1467626965-39387400.jpg
primino-140-zip-neck-p84-12448_zoom.jpg primino-140-zip-neck-p84-12453_zoom.jpg
primino-140-zip-neck-p84-12458_zoom.jpg

IMG_0560.jpg IMG_0558.jpg IMG_0564.jpg IMG_0568_20171007103650a37.jpg IMG_0570_20171007103651e1d.jpg

身長177cm、体重68kg、胸囲92cmの男性がMサイズを着用しています

MONTANE / PRIMINO® Baselayer / Primino 140 Zip Neck / black,antarctic blue,red wood / S,M,L / 14,000 yen+tax

暑がりな方や、熱量の高いマウンテンランニング、ファストパッキングなどは瞬時に温度調整ができるジップネックがオススメ!

この2017FWバージョンのアップデートとしては、メリノウール50%、ポリエステル25%、PRIMALOFT25%という素材自体の混紡率は変更無しだが、メリノウールの繊維自体が19.5ミクロンから18.5ミクロンとより細く柔らかいプレミアムメリノ繊維となっている。これにより、生地の肌触りがよりソフトになり皮膚への当たり感が更に心地良くなっている。同時にフィッティング自体も見直されており、前回は割とタイト目なアスレチックなアスリート向けフィットであったが、気持ちゆったりした感じになり、マウンテン以外にも普段着としてもかなり着回しの効くフィットとなっている。メリノウール100%だと暑過ぎると感じる人や、今までのメリノウールとポリエステル混紡のベースレイヤーで納得がいってなかった方は是非ともこのPRIMALOFT繊維をハイブリッドした絶妙なブレンド具合を肌で感じていただきたい!着心地の良さと汗で濡れてからの、汗の拡散の速さと生地自体の乾きの速さを他の生地より断然良く感じていただけるはず。

BASELAYER EVOLUTION
ここ数年の各ブランドのメリノウールと化繊とのハイブリッド生地の開発が目ざましいものがあるが、MONTANE社が採用したPRIMINOという革新的生地が実に素晴らしいのでSHMWで昨シーズンから大PUSHしている。10数年前のメリノウールのまだチクチクする、暑過ぎるというイメージを完全に覆すのが、業界の現在の進化したメリノウールの現状であり、ベースレイヤーが一番重要と分かっている山好きだからこそ、この辺のメリノウールと異素材のハイブリッドの進化を勉強しないと、山行時に自分の熱量を考えながらベースレイヤーを使い分けるという一番重要な行為で完全に損をしてしまう。ちなみに、このPRIMINOはメーカー側では、220、140という生地の厚みを二種類に分けてラインナップしているが、SHMWでは関西という地理的条件、カスタマーの遊ぶ山でのスタイルの熱量を考え、PRIMINO 140というモデルをメインに取り扱いしている。

まずはこのCOOLなPVをご鑑賞を!



【“ヘッドバンドからネックゲイターまで使えるPRIMALOFTを使用した汗冷えし難い革新的素材プリミノ MONTANE / PRIMINO® Baselayer”の続きを読む】

UKのデッドストック分が再入荷!秋冬のロング縦走やファストパッキング、クライミングにオススメ!

IMG_8097_20170817122205477.jpg  IMG_8096_201708171220377cd.jpgIMG_8109_20170817122040209.jpg IMG_8110_201708171220419fe.jpg
 OMM-Logo-Fill-Orange.gif

OMM / Classic 40 / black-orange / 18,000 yen+tax

総重量:750g
本体重量:580g
容量:40㍑
背面長:50cm
バックパディング:Duomat(取り外し可能)
生地ファブリック:軽量防水リップストップ210T&高密度ナイロンHTTF

UKのデッドストック分在庫から少量のみですが再入荷!メーカーフリー在庫も完売していますので、前回、買い逃した方はこの機会にぜひどうぞ!日本のみの完全別注生産のため来年の次回再生産も全くの未定ですので、お早めにぜひ!
通販BASEカートは
コチラ→

待望のOMM容量大のモデルがついに登場!自分もまだ登山とトレイルランニングというスタイルを別に考えていた時代。そして、ファストパッキングという呼ばれ方もない時代に初めて、ランニングと縦走登山をミックスしたスタイルでトライしたパックがこの40㍑という容量であった。その後は、自分自身の経験と能力を高め、自身を知ることによって5㍑ずつ落としていき、35→30→25→20と様々なメーカーのパックをテストして、自分のファストパッキングスタイルを確立していった。

そんな経緯もあり、きちんと快適に走れるこ40㍑位の容量のパックがほとんど業界で次々と廃番となってしまった時代なので、OMM総代理店NOMADICSさんに話をもちかけ、共同で細部までのリクエストを伝えてOMM本国UKに作っていただいた。今回初回日本国内のみの限定数量300個生産でついに本日SHMWへ入荷!NOMADICSさんありがとう!!

50-60㍑オーバーのパックを背負っての縦走登山から軽量軽快登山へ、いずれは30㍑台のパックで山行をしてみたい、32㍑のClassicパックを持っているがもう少し山行の距離を伸ばしたい、食料やお酒を増やしたい、通常の軽量登山ハイキングやファストパッキングにクライミング、沢登りのなどの別のシューズやロープ&ハーネスなどのギアアイテムをプラスしたい、そんな皆さんにとっての未知なる山行のレベルアップへの想いをこのClassic 40はきっと実現させてくれるはず!

今までのClassic25&32シリーズとの変更ポイント

IMG_8380.jpg IMG_8381.jpg IMG_8384.jpg

*Classic32のLeanWeightの背負い心地機能をベースに、背面長は変えずにパック本体の胴回りをダルマ型に大きくして、今までのClassic25&32では個人で取り付けていたサイドのバンジーコードでのコンプレッションシステムを最初から標準装備!そのおかげで、山行初日や最初は40㍑パンパンに荷物が入っていたとして、山行後半にて食料や水、燃料が少なくなってきても、後半の下りもしっかり走れる程にパックの荷物が暴れて動かないようになっている。これは普通のパックでは難しい部分とされる、「大は小を兼ねる」テキな優れた機能となるので大きなポイント。

IMG_8383.jpg IMG_8386.jpg IMG_8382.jpg

*SHMW側で声を大きくしてコダワってリクエストをかけた部分であるが、藪漕ぎ、岩場混じり山行スタイルのスクランブリングからマルチピッチクライミング、沢登りであると、これまでのClassic25&32のパック横のメッシュポケットであると、耐久性が弱く、ポケット本体のマチの大きさや深さも、ロープやギア類を入れると厳しいものがあったので、この辺のポイントを大きく変更していただいた。実際に背負いながら手を入れてもらえば分かるはずだが、Classicのパック史上、正直このサイドメッシュポケットの出来栄えが一番BESTかと!ランニング時でもこれだけモノが取り出し易いモデルはこの40が一番(笑)ポケット自体が大容量かつ取り出し易く、そしてメッシュポケットではなく、耐久性重視の強度のあるコーデュラ系素材の使用により、日本アルプスなどのバリエーションや近くのスクランブリングまで、ポケットに入れたギアによる破れや破損を極力防いでくれる。



【“UKのデッドストック分が再入荷!秋冬のロング縦走やファストパッキング、クライミングにオススメ!”の続きを読む】

FC2Ad