Vespa斎藤氏によるマウンテンランナーとハイカーのための栄養学講座 

IMG_5832_201703231657040ed.jpg 2017プロフィール

  vespa-wasp.jpg

マウンテンランナー&ハイカーのための栄養学補給講座

久々にあのVespa斎藤氏がSHMWにやって来ていただけることになりました!今回のテーマは「長時間・長距離の移動」。これからロングレースはもちろんファストパッキングや縦走に挑戦しようと思っている方に向けてのありがたいトークイベント。Q&Aを含めSHMWテキなマウンテンランナーとハイカーのための山での宿泊時の食事などの栄養学、移動中のサプリメントなどの補給、パフォーマンスアップの食事、水分補給など身体についての話しをしていただきます! これから春夏に向けての山行や長距離マウンテンランニングレースに備えておきましょう。普段の山行において、エナジーフーズなどの食べ物の摂取や水分補給について、山行前後のリカバリー方法、気になるサプリメントの本当の話し。多くのトップランナー達を影で支え、パフォーマンスアップに貢献している斎藤氏だからこそ聞けるタメになる話しがいっぱい。この機会をお見逃しなく!

・長い距離を移動するための補給
・補給をスムーズに行うことのメリット
・エネルギーロスとは?身体を動かすエネルギーが枯渇することによる自身の身体へインパクトを考える
・糖質、脂質、たんぱく質の摂取方法
・水分摂取の量、脱水または過剰摂取への対処
・フィールドへ行く晴れの日だけではない日常の対処
・山遊びを愛する人のための食べ物の選び方や食べ方

日時 : 4月12日(水)19:30-

イベント15分位前から会場を開け、受付開始します!

講習場所 : Sky High Mountain Works Show Room 2F

参加費 : 1,000円 

持ち物 : メモできる筆記用具など       

定員:15名前後(先着順にて締め切りますのでお早目に!)

その他、詳細など、質問は下記へどうぞ!

【予約受付先】   Sky High Mountain Works 0797-34-3299



【“Vespa斎藤氏によるマウンテンランナーとハイカーのための栄養学講座 ”の続きを読む】

ボルダリングからスクランブリング、マルチピッチなど軽量化したいクライミングにオススメのULチョークバッグ Metolius / Ultralight Chalk Bag メトリウス

IMG_1148.jpg IMG_9774.jpg black_20170321171613c10.jpg yellow.jpg teal.jpg

metolius_logo.jpg

Metolius / Ultralight Chalk Bag / black,yellow,teal / 3,200 yen+tax

3/21現在、三色共に全て在庫あり。2017のNEWカラーが登場!すでにメーカー在庫もほぼ無しですのでお早目に!業界でもこれだけチョークアップし易く、軽くてコンパクトになるチョークバッグはない!

数あるチョークバッグの中から、ここ最近でここまで軽量化に特化して、さらに見た目とは裏腹に耐久性もあり様々なクライミングスタイルに使えるチョークバッグは無いかと。インドアクライミングジムはもちろん、外岩、ランニング含めたスクランブリング、マルチピッチクライミング、日本アルプスでの高所スクランブリングと、もう、かれこれどんだけ使用しているか分からないが、正直、これだけ耐久性があるとは思っていなかった(笑)ここまで使っても穴や破れがない!流石、USAオレゴン州ポートランド近くの岩場Smith Rockに拠を構える老舗クライミングブランドMetoliusのチョークバッグだけある。かれこれ、自分も20年位前に買ったロープバッグがこのメトリウスのモノで未だに現役(笑)昔からこのメトリウスというメーカーはUSAテキ気質でシンプルで扱い易くタフさをウリにしていたが、時代の流れにも敏感に実はこんなウルトラライト系アイテムも作り出している。

IMG_0860.jpg IMG_0861.jpg IMG_0864.jpg

重量僅か54g!チョークバッグではありえない軽さ(笑)アウトドア業界では今や定番となっているシリコン系薄型素材のリップストップシルナイロン地の使用により、カラビナ1枚程度の軽さしかないチョークバッグ。昔はこのチョークバッグはクライマーのための必需品で代名詞的なアイテムだったが、今や小物入れ的なファッションアイテムとして、アパレルブランドさえも作り出しているが、使用してみるとクライマーなら分かるはずだが、コードロック開閉のスムーズさやチョークアップのし易さと、やはり硬派なクライミングメーカーが作り出すモノは違う!また、メトリウスの考えるウルトラライトというコンセプトもよく商品に現れていて、ファッションアイテムのチョークバッグとは異なり、内側の重量が嵩んでしまうチョークパウダーを保持するボア的素材使いもバルクを抑え軽量化を図っている。そして、コードロック&コード、ウエストのバックルベルト、ブラシホルダーなど全てのパーツにおいて軽量パーツで完璧に構成されている。これにより、軽量化重視のスクランブリングやトリップ時には写真で分かるようにつまむように小さくコンパクトに収納可能でなんとクライミングシューズの片足内部に入ってしまうほどになる。

装着時は完全に付けていることを忘れてしまうくらいである。実際、自分たちもスクランブリングにランニングを組み合わせたマウンテンランニングにおいて、このチョークバッグをブラ下げたまんま走り、下山して「お前まだついているよ!」と声をかけられ始めて気づくというほど(笑)


【“ボルダリングからスクランブリング、マルチピッチなど軽量化したいクライミングにオススメのULチョークバッグ Metolius / Ultralight Chalk Bag メトリウス”の続きを読む】

外岩からボルダリングジムまで使えるコダワリのチョークバッグ Moon Climbing / S7 Retro Chalk Bag

IMG_9244_20170321151501c2e.jpg

IMG_9691.jpg

MadeInSheffield-Cat-Banner.jpg

IMG_9522.jpg IMG_9525.jpg IMG_9524.jpg IMG_9523.jpg

Moon Climbing / S7 Musette Bag / petrol blue,puple,pink maroon / 5,000 yen+tax

SHMWでは最高な定番クライミングパンツとしてオススメしているUKのレジェンドクライマーBen MoonがプロデュースするMoon Climbing。その本拠地シェフィールドのローカルアーティストらにより素材から縫製までUK Madeに拘って製作されたMADE IN SHEFIELDシリーズのアイテムの一つ。S7 / Musette Bag同様、クライミング時に一番擦れる下半分のボディ生地は耐久性に優れたワックスドコットンを使用しており、使い込むほどに味が出て美しいエージングを楽しめる。MOONのSHEFIELDワッペンが渋く、80'S-90'Sの時代にタイムスリップしたかのようなレトロ感が現代のクライマーには新鮮なはず。シェイプはオーソドックスな大きめなシリンダー型なので、手の平によく汗をかくアツいクライマーにはピッタリ!大きな開口部で非常に手が入れやすく、POPでカラフルなレトロカラーな生地は柔らかいストレッチ素材を使用しているので、被った傾斜やルーフなど3Dの動きでも、どんな角度からでも非常に手を入れ易くなっている。動きがハードなスポートクライミングやボルダリングには、思った時に瞬時に素早くチョークアップができないと命とり。オールドクライマーはもちろん、現代のクライマーにも納得の機能性とデザインが両立された非常に使い勝手の良いチョークバッグ。やはり、良いモノというのはシンプルな定番の型に戻ってくるんかな(笑)

Hubble.jpg

懐かしのBen様のドレッドヘアー時代。昔からクライミングレベルもスタイルもファッションも常に時代の先端を突っ走っていた。もちろん現役でね。90'Sの頃はフリークライミングと呼ばれ、タイツファッションが華やかな時代だった。テーマカラーも今回のチョークバッグでもリリースされたレトロピンク。渋いカラーリングのウェアにピンポイントでピンクを取り入れたら、かなりカッコよし!自分も3足は履き潰したBoreal / Laserもブラックボディにピンクというカラーリングのクライミングシューズ。何か時代の象徴のカラーだったんかな。


【“外岩からボルダリングジムまで使えるコダワリのチョークバッグ Moon Climbing / S7 Retro Chalk Bag”の続きを読む】

クライマーを唸らせるギミック満載の普段から穿きたくなる耐久性抜群な軽量テクニカルクライミングパンツ Patagonia / RPS Rock Pants

IMG_5460_20170321114639e32.jpg

IMG_0120.jpg



IMG_9666.jpg IMG_9658.jpg IMG_9664.jpg IMG_9661.jpg

身長177cm、体重68kg、ウエスト30icnhの男性がbufflao greenの30inchを着用。外の岩場で撮影しており、太陽の光でパンツのカラーが明るく見えます。室内だとオリーブに近いグリーンに見えます。

Patagonia / RPS Rock Pants / bufflo green,big sur blue / 28inch,30,31 / 12,000 yen+tax

3/21現在、2カラー共に各サイズ一本ずつ在庫あり。メーカー在庫はカラーによってすでに完売。ちなみに29inchは生産なしです。

アメリカではジャンケンを(RPS)Rock, Paper, Scissorsというが、そんな洒落っ気のあるネーミングのクライミングパンツがこのRPSロックパンツ。パタゴニアでは昔からClassicなバギーズやスタンドアップパンツ、GiⅡパンツなどがクライミング時の定番パンツとして愛されているが、個人的に最新素材で、現代の山スタイルで本当に使えるパンツ、機能性を重要視したら、パタゴニアの製品の中でこのパンツを間違いなくオススメする。軽量で穿きやすく、且つ耐久性があり、高温多湿な気候でも蒸れにくいパンツは実際ありそうでない。しかも、シンプルな中にも細かい所にクライマーらしいギミックが隠されているのがニクい。

IMG_9667_2017032113551703e.jpg IMG_9676_201703211355224f2.jpg IMG_9672.jpg IMG_9674_201703211355213c1.jpg

52% nylon+48% polyesterの素材構成で、化繊100%の速乾性バツグンなのでこれからの暑い季節でもバッチリ!メカニカルストレッチ織りで、クライミング時に重要な膝部分や股部分は立体裁断されており、ハードなムーブでも全く動きに支障がない。もちろん、パタゴニアお得意のDWR (durable water repellent) 撥水加工が施されているので、多少の雨や汗、汚れは全然弾いてくれる。お尻の二つのポケットはクライミング時や座った時の耐久性を向上させてくれている。右横のジッパーポケットもI-phone7も収納できる大きさで、しかもモノを収納した状態でハーネスを着用して、クライミングしても全く邪魔にならない配置となっている。これはクライマーが正にクライマーのために考えたパンツだと穿いてあらためて感じるはず。


【“クライマーを唸らせるギミック満載の普段から穿きたくなる耐久性抜群な軽量テクニカルクライミングパンツ Patagonia / RPS Rock Pants”の続きを読む】

無駄な部分を削ぎ落とした究極の燃焼器具が再入荷! atelier setsugekka / TriPod Titanium Power

IMG_4823.jpg 「構造美は力学的合理性の近傍にある。」

IMG_4829.jpg IMG_4825.jpg IMG_4823.jpg IMG_4819.jpg

atelier setsugekka / TriPod Power / 7g / 3,250 yen+tax

3/19現在、在庫あり。しばらくの間、売り切れていましたがこの春ロット分として待望の再入荷!耐久性と使い勝手の良さ、美しさ、コストパフォーマンスのバランスが素晴らしいステンレス製


【“無駄な部分を削ぎ落とした究極の燃焼器具が再入荷! atelier setsugekka / TriPod Titanium Power”の続きを読む】

これからの季節に最適な超軽量快適イージーパンツ&ショーツが今年も入荷! AXESQUIN / アヲネロ&アヲネロショート

as3456_o22.jpg as3456_t26.jpg title_logo_20160417194947c5e.jpg

IMG_9602.jpg

IMG_9599.jpg IMG_9593.jpg IMG_9596.jpg IMG_9595.jpg

身長177cm、体重70kg、ウエスト30inchの男性がLサイズ着用。Mサイズもウエスト的には全然穿けますがゆったりしたシルエットが良いのでLサイズを履いています。女性もS,M辺りが穿けます!

AXESQUIN / アヲネロ / オリーブネズミ(olive green)、テツコン(navy) / S,M,L / 9,800 yen+tax

3/19現在、全2カラー共に在庫あり

40dn×50dnの高密度リップストップナイロン生地で、薄いのにも関わらず耐久性のあるナイロン100%で作りあげた8-9分丈の暑い季節にサラリと穿ける超軽快パンツが登場!Mサイズで僅か110gという超軽量さで、何と言っても、穿いたら誰もが納得する生地のベトつかないサラサラ感が素晴らしい!穿くだけで涼しく過ごせ、関西のような湿度が高い場所でも快適に過ごせる。他の生地と比較するとパンツのシルエット的にも意図してあるだろうが、生地自体が肌に当たる面積が少ないおかげで、汗をかいたりしてもベトついて張りつかず通気性を確保している。また、炎天下での海沿いを歩いたり、木々などの遮るものがないようなハイキングでも、紫外線遮蔽率97.5%以上のUPF50+という嬉しい生地なので、有害な紫外線をバッチリカットしてくれ、ハイキング中はもちろんハードに走った後や波乗りの前後でもリラックスウェアとして実に穿きやすい!

IMG_9604.jpg IMG_9600.jpg IMG_9593.jpg IMG_9606.jpg  

何気に嵩張るナイロンベルトを排除したスッキリしたウェスト周りで、普段着としても、ハイキングなどの行動中にも非常に使いやすい位置に両側にサイドポケットあり!ケータイや行動食はもちろん地図まで入るが、生地が薄手なのであんまり入れ過ぎると歩き難くなるので注意(笑)パッと見はSHMWでも大人気のHOUDINI / Swift Pantsに似ているように見えるが、実は古来日本を代表する山着のデザインを取り入れたこのパンツ独特のシルエットで個性的でもある。個人的にはウェストのシンプルさと生地の気持ち良さと軽快さ軽量さで、歩きから普段着、寝間着と一日中着ている程かなり気に入っている(笑)写真でも分かるように、深い股の大きなマチにより動き易さがハンパない。 また、裾も動きによる擦れを軽減するために細くなっている。


【“これからの季節に最適な超軽量快適イージーパンツ&ショーツが今年も入荷! AXESQUIN / アヲネロ&アヲネロショート”の続きを読む】

全サイズ再入荷!ハイキングやファストパッキング、ロングトレイルレースにオススメな通気性ダントツの完全防水レインパンツ Teton Bros. / Breath Pant

tetonbroslogo_20141121153047111.jpg
IMG_9457.jpg
IMG_9251_20150914172404330.jpg IMG_9256_2015091417240886e.jpg IMG_9253_20150914172406493.jpg IMG_9255_20150914172407117.jpg
IMG_9246.jpg IMG_9240.jpg IMG_9244_201509141723231db.jpg IMG_9243.jpg

身長177cm、体重70kg、ウエスト30inchの男性がMサイズを穿いています。

Teton Bros. / Breath Pant / XS,S,M,L / 22,000 yen+Tax

3/19現在、女子向けサイズのXSサイズから、ずっと売り切れが続いていた男性のS,Mサイズと再入荷!探していた方はお早めにどうぞ!標高が高いエリアにてはランパンの上からのオーバーパンツとして、パンツ自体のフォルムが非常に美しいので、これからの雨の時期のハイキングやファストパッキング、ロングトレイルレースにそのまま穿いて、街に下りてきても全く違和感なし。レインパンツとは思えないスタイリッシュなフォルムで、同社のTsurugi Jacket同素材のNeo-Shell完全防水で通気性が高いので、Tsurugiを気に入ってる方はマストです!

非常に軽量でシンプルな完全防水透湿パンツを探していたがなかな見つからなかったため、Teton Bros.さんにお願いし、Lotusさんと共に意見を出し合い完成したマウンテンランニングカテゴリーのレインパンツがこのブレスパンツ!軽量且つ、透湿性の良いNeoShellを採用。軽さ、通気性の良さ、ランニング時にも対応する膝周りの動き易さ、完全防水レインパンツとは思えない程の動きやすさで、通常のクライミングやトレッキングパンツの感覚でずっと穿ける。



一番の特徴はやはりNeoShellというPOLARTEC社の作り出すメンブレンを使用し、完全防水透湿レインパンツとしては、業界最軽量で作られているポイント。耐水圧10,000mmはGORE-TEXと比較すると数値データ的には落ちるが、完全防水という数値で考えでも十分過ぎる値で、特筆すべきは、透湿性20,000mmという通気性であろう。ポリウレタンメンブレンを使っていて内側にトリコットメッシュを使用している3レイヤーとなっており、GORE-TEXやeVentを遥かに超える透湿性能を誇る。GORE-TEXの場合は全く風を通さないという点がメリットにもなっているが、運動量の高いアクティビティにおいては、逆にその風を通さないというポイントがジャケット内で結露をおこすというデメリットにもなる。その点、このNeoShellは僅かではあるが風を通すというメンブレンなので、その点が動きの激しいマウンテンランニングなどの心臓を使うアクティビティ時にはメリットとなっている。

IMG_4062.jpg IMG_4073.jpg

普段の街使いやモーターバイク通勤などであると、どうしても耐水圧や防水性というポイントに重点をおくことになるが、登山や心臓を使った有酸素運動、雪山登山のラッセルなどは防水性は10,000mmもあれば十分、むしろ、ある程度、風が通ってくれて通気してくれジャケット内で蒸れずにベースレイヤーが汗で濡れないという事を重要視する方が多い。また、シェルジャケットを何回も着脱するのが面倒、着っぱなしでパックを背負って動き続けても汗をかきにくい方がベターだと考えるコアユーザーは多い。こんな熱量の高いマウンテンランニング、スノーシューイング、ハイクアップの多いバックカントリースキー&スノーボードをアツく楽しんでいられる方には、実に頼もしいメンブレンである。裏返しにしたら分かるが、きれいに全ての縫い目がシームされており、完璧な完全防水となっている。


【“全サイズ再入荷!ハイキングやファストパッキング、ロングトレイルレースにオススメな通気性ダントツの完全防水レインパンツ Teton Bros. / Breath Pant ”の続きを読む】

マウンテンランナーやハイカーさんに是非とも聞いていただきたい岩登りのススメ 2017 Sky High Meeting - Talkin' Climbing -

IMG_9582.jpg IMG_9117_2017030116573400f.jpg IMG_2761_20170301165732b73.jpg IMG_1266.jpg IMG_6724.jpg

Sky High Meeting  - Talkin' Climbing -

今夜開催です!おかげさまで満員御礼となりまして、キャンセル待ちとなります。参加者の方はこの際お気軽にクライミングについての素朴な疑問でも何でもぶつけてください。皆んなでクライミングいついて考えるミーティングにしていきたいと思います。よろしくお願いします!

いよいよ三月です!まだまだ寒い日も多いですが、太陽が顔を出すとランニングやクライミングではすでに暑過ぎるほどに暖かくなる日も場所によってはあります。これから暑い夏までが絶好のアウトドアシーズン!みなさん「山」にむかいましょう!現在、SHMWのお客さま、このブログを見ていただいている方々は様々なアクティビティをやっているかと思います。その中でも特に「山」にフォーカスして遊んでいる方にぜひあらためて自身に取り入れて欲しいのが「クライミング」いわゆる「岩登り」!低山・里山から歩いたり、走ったりと初めたハイカー、トレイルランナーさんは、山へ通うほど感じると思いますが、山を楽しもうと思ったら「岩」は避けては通れません。岩セクションが出てくるだけで、避けていたり、自信が無かったら、山全体を楽しむことができないし、安全面でもかなり不安感でいっぱい。何より、目指す山頂に到達しても、様々な登山道や尾根、沢と幾通りも山頂へ到達できる経路は沢山存在し計画ができるはずが、知っている登山道でしかたどり着けないとすると、山全体を遊んでいるクライマーや沢登りの山屋さん、オリエンテーリング、MTBバイカー、バックカントリースキーヤーやスノーボーダーに比べるとかなり山全体を遊ぶという点において損している気分にはならないですか?!少なくとも、自分はそう感じて普通の登山から始めて、早い時期からクライミングを試行錯誤してやり始めて今のスタイルに至ります。

IMG_4949.jpg

昨今はスポーツジムのようにボルダリングジムが多くここ日本でも次々オープンしていますが、そもそもクライミングとはどういうことなのか!?どんなことをやっているの?落ちたら死ぬの?素朴な質問に答えます(笑)トレイルランニングの延長上で、クライミングシューズを履かずに簡単な岩セクションをスピーディに駆け巡るスクランブリングから、山の中に転がっている石ころを登るクライミングの最もPUREなスタイルと呼べるボルダリング、ロープを使用して高い岩場を登るロープクライミングとクライミング(岩登り)といっても実に様々なスタイルがあります。まずはクライミングの歴史やスタイル、楽しみ方や安全性などを今回の机上講習にて理解していただき、これから自分自身はどういうスタイルのクライミングをやっていけば、自身の現在ハマっている登山やハイキング、トレイルランニングをより楽しく有意義なものに変えていけるかが分かるはず。いや、きっと今回のMee「岩登り」をあなたの楽しいスタイルに変えてみせます(笑)


【“マウンテンランナーやハイカーさんに是非とも聞いていただきたい岩登りのススメ 2017 Sky High Meeting - Talkin' Climbing -”の続きを読む】

3/10(金)より店頭発売開始!マウンテンランナーにぜひかぶっていただきたいNEWコラボキャップ WORKROWN UNIFORM×Sky High Mountain Works

IMG_9141.jpg IMG_9143.jpg

IMG_9151_20170306124522283.jpg IMG_9149_20170306124521253.jpg IMG_9147.jpg IMG_9145.jpg
IMG_9158.jpg IMG_9159.jpg IMG_9154_2017030612460070d.jpg IMG_9155_2017030612460255f.jpg 

WORKROWN × Sky High Mountain Works
ORIGINAL WORKCAP / "MULTI CAMO"MOUTAINRUNNING MODEL / brown-multicamo / 4,500 yen+tax

生地の関係上と敢えて人とカブらないよう毎回小ロット生産で作製していただいているWORKROWN UNIFORM×SHMWとのコラボレーションキャップの春夏にもってこいの新作が登場!カラーはシブいブラウンのオールメッシュにツバのみはマルチカモ柄で!よりハードコアでアクティブなSHMW男女CREW達に使えるようアップデートした上げ下げできるツバや内側の汗取りパイルバンド、そして、今回の新作ギミックがバック調整をバンジーコード&コードストッパーにしたのでよりハードなマウンテンランニングやクライミング時などに於いても細かなサイズ調整が可能に!普通のトラッカーキャップではありえない多くの機能を盛り込みながら、アクティビティ以外のオフ時の街の普段使いにもカッコよくかぶれるフィルムの美しさ。マウンテンランニングはもちろんハイキング、クライミング&ボルダリングなどどんなアクティビティでも対応するマルチキャップ!今回もSHMWとWORKROWNとの二店舗のみで同時発売!販売方法はいつもSHMWにご来店いただいている方々を優先して、SHMWでは暫くの間は店頭販売のみとさせていただきます。2店舗のみ全100個のみの完全限定生産につき、売り切れ次第終了で再生産はしません。

Sky High Mountain Works店頭販売 : 3/10(金)12:00- START 
お一人様一個のみの販売で取り置きや予約はできません。

IMG_9165.jpg IMG_9164.jpg

まず、キャップ自体の被り具合が前回のヴァージョン同様に深めの被り具合となり、非常に被りやすくなっている。SHMWのオールドシュイナードピトンロゴを配し、以前にリリースしたALL MESH CAP同様に内側には汗止めのコットンパイルを巻き、ハードなマウンテンランニングにおいても汗を止めてくれるように対応!今回のモデルよりバックをバンジーコード&コードストッパー仕様としたのでより細かいサイズ調整が可能となっているのでオンオフ時にも更に快適にかぶれるはず。後部のバンジーコードとWORKROWNブランドタグは反射リフレクティブ仕様となりナイトラン時でも視認性も抜群!


【“3/10(金)より店頭発売開始!マウンテンランナーにぜひかぶっていただきたいNEWコラボキャップ WORKROWN UNIFORM×Sky High Mountain Works”の続きを読む】

僅か53gのUSB充電仕様の150lmの最軽量ヘッドランプ登場! Black Diamond / Iota

IMG_9485_20170306170329080.jpg



620628_BLAK_Iota_web.jpg 620628_DENM_Iota_web.jpg 620628_NCKL_Iota.jpg 620628_OCTN_Iota_web.jpg 620628_SAWA_Iota_web.jpg

Black Diamond / Iota / black,denim,nickel,octane,salt water / 4,800 yen+tax

3/6現在、全カラー在庫あり。ハイカー、トレイルランナー、ランナー、クライマーと全てのアウトドアラバーズにオススメしたい名品登場!ものすごい勢いで店頭でも業界でも売れているので、この春夏に買い替えなどを検討の方はお早めにどうぞ!

実測僅か53gのアイオタ!ヘッドバンド含めて手の平の中に余裕で収まってしまう程に小さくコンパクトなヘッドランプ。驚異的なのはこのサイズで最大150lmルーメンの明るさがあり、しかもUSB充電仕様にIPX4の防滴仕様。完全防水ではないが山や街でもランニング時の汗や雨は全く問題なしの生活防水レベル。3時間の充電にてハイパワーの150ルーメンにて2-3時間の使用が可能!150ルーメンあれば全く問題なくトレイルでも走ることができる明るさなので、近所の裏山をちょっと走りに行ってくる的なナイトランはもちろん、このとてつもない軽さのメリットを生かして、朝の暗いうちから走りに行ったり、日の出とともにクライミングしたり縦走に出発する時など、30分から1時間使用したら不要になり、あとは夕方暗くなったらの保険としてヘッドランプは持っておきたいという感じになるので、このアイオタは少しでも重量や嵩張りを抑えるのには正にもってこいのヘッドランプ!

IMG_9484_20170306211749faa.jpg IMG_9483_2017030621174899d.jpg IMG_9482_201703062117463cb.jpg

USB充電仕様のアウトドア用ヘッドランプでは、間違いなく業界最小最軽量モデルかと。朝早いトレーニングセッションや夕方のビール前のハイクやランにはもってこい!これぞ芦屋ロックガーデン公認ヘッドランプ(笑)もちろん、この小ささでも誤作動防止のセーフティ機能や照度の無段階調整機能もあるので、ハイクや登りの時などは150ルーメンの明るさも無くて十分なので、照度を100ルーメン程に下げてあげれば、5-6時間の使用も可能かと。



【“僅か53gのUSB充電仕様の150lmの最軽量ヘッドランプ登場! Black Diamond / Iota”の続きを読む】

FC2Ad