UKのデッドストック分が再入荷!秋冬のロング縦走やファストパッキング、クライミングにオススメ!

IMG_8097_20170817122205477.jpg  IMG_8096_201708171220377cd.jpgIMG_8109_20170817122040209.jpg IMG_8110_201708171220419fe.jpg
 OMM-Logo-Fill-Orange.gif

OMM / Classic 40 / black-orange / 18,000 yen+tax

総重量:750g
本体重量:580g
容量:40㍑
背面長:50cm
バックパディング:Duomat(取り外し可能)
生地ファブリック:軽量防水リップストップ210T&高密度ナイロンHTTF

UKのデッドストック分在庫から少量のみですが再入荷!メーカーフリー在庫も完売していますので、前回、買い逃した方はこの機会にぜひどうぞ!日本のみの完全別注生産のため来年の次回再生産も全くの未定ですので、お早めにぜひ!
通販BASEカートは
コチラ→

待望のOMM容量大のモデルがついに登場!自分もまだ登山とトレイルランニングというスタイルを別に考えていた時代。そして、ファストパッキングという呼ばれ方もない時代に初めて、ランニングと縦走登山をミックスしたスタイルでトライしたパックがこの40㍑という容量であった。その後は、自分自身の経験と能力を高め、自身を知ることによって5㍑ずつ落としていき、35→30→25→20と様々なメーカーのパックをテストして、自分のファストパッキングスタイルを確立していった。

そんな経緯もあり、きちんと快適に走れるこ40㍑位の容量のパックがほとんど業界で次々と廃番となってしまった時代なので、OMM総代理店NOMADICSさんに話をもちかけ、共同で細部までのリクエストを伝えてOMM本国UKに作っていただいた。今回初回日本国内のみの限定数量300個生産でついに本日SHMWへ入荷!NOMADICSさんありがとう!!

50-60㍑オーバーのパックを背負っての縦走登山から軽量軽快登山へ、いずれは30㍑台のパックで山行をしてみたい、32㍑のClassicパックを持っているがもう少し山行の距離を伸ばしたい、食料やお酒を増やしたい、通常の軽量登山ハイキングやファストパッキングにクライミング、沢登りのなどの別のシューズやロープ&ハーネスなどのギアアイテムをプラスしたい、そんな皆さんにとっての未知なる山行のレベルアップへの想いをこのClassic 40はきっと実現させてくれるはず!

今までのClassic25&32シリーズとの変更ポイント

IMG_8380.jpg IMG_8381.jpg IMG_8384.jpg

*Classic32のLeanWeightの背負い心地機能をベースに、背面長は変えずにパック本体の胴回りをダルマ型に大きくして、今までのClassic25&32では個人で取り付けていたサイドのバンジーコードでのコンプレッションシステムを最初から標準装備!そのおかげで、山行初日や最初は40㍑パンパンに荷物が入っていたとして、山行後半にて食料や水、燃料が少なくなってきても、後半の下りもしっかり走れる程にパックの荷物が暴れて動かないようになっている。これは普通のパックでは難しい部分とされる、「大は小を兼ねる」テキな優れた機能となるので大きなポイント。

IMG_8383.jpg IMG_8386.jpg IMG_8382.jpg

*SHMW側で声を大きくしてコダワってリクエストをかけた部分であるが、藪漕ぎ、岩場混じり山行スタイルのスクランブリングからマルチピッチクライミング、沢登りであると、これまでのClassic25&32のパック横のメッシュポケットであると、耐久性が弱く、ポケット本体のマチの大きさや深さも、ロープやギア類を入れると厳しいものがあったので、この辺のポイントを大きく変更していただいた。実際に背負いながら手を入れてもらえば分かるはずだが、Classicのパック史上、正直このサイドメッシュポケットの出来栄えが一番BESTかと!ランニング時でもこれだけモノが取り出し易いモデルはこの40が一番(笑)ポケット自体が大容量かつ取り出し易く、そしてメッシュポケットではなく、耐久性重視の強度のあるコーデュラ系素材の使用により、日本アルプスなどのバリエーションや近くのスクランブリングまで、ポケットに入れたギアによる破れや破損を極力防いでくれる。



【“UKのデッドストック分が再入荷!秋冬のロング縦走やファストパッキング、クライミングにオススメ!”の続きを読む】

人気の定番ブラック再入荷!僅か90gの激軽コンパクトないつでも持ち運びたくなるカーボン製傘 EVERNEW / Ultralight Umbrella

IMG_3984_201707041357227d8.jpg 41yQUd8VKqL.jpg 51ITxcSokXL.jpg

EVERNEW / Ultralight Umbrella / black,herringborn,reflex blue / 3,000 yen+tax

12/9現在、定番ブラック、人気のヘリンボーン再入荷!女子受けも非常に良いクラッシックな新色ヘリンボーンなどプレゼントにも喜ばれますよ!

男子大好きなカーボン(笑)を贅沢に使用した総重量僅か90gの五角形のウルトラライト傘。雨が多い季節でも、重量や嵩張りを気にせず、山はもちろん、旅や仕事の営業周りから出張といつでも持ち運ぶ気になる激軽な傘。これだけコンパクトで軽く、しかも安っぽくなくしっかりした作り込みは流石、日本が誇るエバニュー!チタン製品だけでなく、こんなニクいアイテムも作っているんです。

IMG_3975_20170704140337505.jpg IMG_3976.jpg IMG_3977.jpg IMG_3980.jpg IMG_3979_20170704140428c53.jpg
IMG_3990_20170704140433bbe.jpg IMG_3989.jpg

骨:5本
骨材質:カーボン
手元:ABS樹脂
収納サイズ:約21cm
使用時直径:約78cm
質量:約90g
カラー:ブラック、ヘリンボーン(収納袋は同じカラー生地となります)


可愛らしくもワイルドなヌクヌクあったか指出しミトン HOUDINI / High Loft Magic Mitts

IMG_5264_20171202185359bec.jpg

IMG_5253.jpg IMG_5251_20171202185356b47.jpg

HOUDINI / High Loft Magic Mitts / true black,cold front grey / M,L / 5,500 yen+tax

まるでチューバッカの手のような可愛らしくもワイルドな手を演出するフリースミトン。だが、見た目とは裏腹に結構ハードな状況でも使用できるミトン指出しグローブ。自分も寒い日には様々な山やロードランで使用しているが、末端冷え性の自分にはかなり重宝している。比較的風が抜け難く耐久性もあるPOLARTEC社のハイロフトフリースをメインボディに採用。毛皮のような見た目で柔らかく保温性が高く、内側にはHOUDINI定番のWrist Gaitersで使用されているPolartec Power Stretch Proを採用し通気性とグリップ性を上げている。通常のフリースグローブと比較するとポールや木々を掴んだりしてもすぐにピリングしない。最大の特徴はやはり簡単にミトン部分がすぐに開く点で、ランニング時にオーバーヒートしてもすぐに全ての指が出せるのが嬉しいし、何よりアクティビティ時はもちろん普段の寒い日でもモコモコのフリース生地があまりに気持ち良くあったかくてついつい手をいれてしまう。女子受けもプレゼントにも最適!スマホやデジカメ、GPSなどをいじりたい時に瞬時に指先を使用できるのは便利極まりない。

IMG_5254.jpg IMG_5255_20171202185529bd6.jpg IMG_5261_2017120218553148a.jpg IMG_5263.jpg  

写真モデルは男性がLサイズを装着。Sサイズから展開があるが、手全体を手首から出して、オーバーヒートを防いだりすると、女性でもSサイズだと手の出し入れがし難いので、女性や手が小さい方でも温度調整をしたいのであればMサイズ以降がベターかと。

普段の街使いはもちろん、ジョグやマラソン、ハイキングからトレイルラン、雪山のミトングローブのインナーにもバッチリ!何より、この毛皮のようなモコモコぬくぬくが気持ち良すぎで、つい指先冷え性の方はしてしまうはず。SHMWにて是非手を入れてその気持ち良さを実感してみて!


【“可愛らしくもワイルドなヌクヌクあったか指出しミトン HOUDINI / High Loft Magic Mitts”の続きを読む】

NAVYのSのみ若干数残り在庫あり! Teton Bros.×SHMW / Wind River Tapered Pant

IMG_4438.jpg

IMG_4413.jpg IMG_4407.jpg IMG_4411_20171118095041dbe.jpg IMG_4409.jpg
IMG_4452.jpg IMG_4446_201711181008468b4.jpg IMG_4450.jpg IMG_4449_20171118100849e76.jpg

身長177cm、体重68kg、胸囲91cm、ウエスト30inchの男性がMサイズを着用。上段写真はblack、下段写真はnavy。太陽光の下ではカラーが分かりにくいかもしれませんが、navyはグレーに近いネービーです。女性や細身男性はXSサイズ、普通体型男性はSからMサイズ、体格の大きい方がLサイズとなります。お尻やお腹が大きめな方のLサイズは各色3枚ずつのみの生産になるのでお早めに。

今まで定番で販売していたWind River Pantとウエストのサイズ感は一緒ですが、パンツのシルエットが腰から太もも部分までゆとりがあり、裾部向かってシェイプしているテーパードストレートになるのでお好みのシルエットでどうぞ。インナーに何を穿くか、使用アクティビティやシチュエーションで各人サイズ選びは変わってきますので、気になる方は店頭でご試着を!Wind River好きは間違いなくもう一枚持ってて損なし!Sサイズよりどんどん在庫無くなってきているのでビビっときた方はお早めにどうぞ。

Teton Bros.×SHMW / Wind River Tapered Pant / black,navy / XS,S,M,L / 12,000 yen+tax

12/2現在、ブラックは全てのサイズ完売。ネービーがSサイズのみ若干数残り在庫あり!次回再生産は未定ですが、早くても来春から夏以降になります。通販BASEカート→でご購入できます。クレジットカード以外の通販ご希望の方は通販についてを読んでいただき、PC画面の右横のメールフォームにて、ご希望のサイズやカラーの在庫をお問い合わせください。

Teton Bros.定番の快適なPertex Microlight生地を採用したこの冬から春、夏も一年中必ずや使える超便利なパンツがSHMWバージョンで登場!Mサイズで僅か100gの超軽量ソフトシェルパンツ。テーパード(tapered)という次第に少なくなるという意味通り、腰から太もも部分まではゆとりがあり、膝より下がシェイプされていくシルエットで、非常に穿きやすくシルエットが美しい。スキニーやスリムパンツのように太もも部分が細くシェイプされていないので、お尻や太もも部分がゴツい方でも余裕で快適に穿ける。これ単体で街でも穿けるシルエットのキレイさとWind River Hoody&Pant同様に耐久性、軽さ、ストレッチ性能、肌さわりの良さなど非常にバランスのとれたPERTEX MICROLIGHTの生地の良さが際立つ!生地の気持ち良さで、そのまま街でボクサーの上から単体で穿けるし、アクティビティ時はもちろんタイツの上から、短パン好きには公共交通機関でのオーバーパンツや着替えとして、そのまま単体で裾を絞ってジャージやスウェットパンツのようにゆったりジョグやロードラン、散歩など積極的に使用したくなる名品。


【“NAVYのSのみ若干数残り在庫あり! Teton Bros.×SHMW / Wind River Tapered Pant”の続きを読む】

神戸市消防局航空機動隊の方からの六甲山の出動事例や救助についての貴重なお話が聞ける機会! 六甲山シンポジウム 2017 vol.3

22538820_1658413610869735_1567956805765751743_o.jpg

SYMPOSIUM ON MT.ROKKO
六甲山シンポジウム2017 vol.3

まだ空きありますので、六甲山で日頃遊んでいる方は仕事帰りに寄れる時間なので、是非ご参加ください!すでに第三回となりますが、正直、SHMWのお客さんがまだまだ非常に少ないです(泣)ただ、山で遊ぶだけでなく、こういうことをみんなで考えて自分たちの遊ぶ場所をより良い環境に変えていきましょう!ぜひ皆さんの参加をお待ちしています!

コチラ→AnyPayにて申し込みよろしくお願いします!このサイトの決済にて、予約申し込み完了とさせていただきますのでお早目にお願いします!

今回は神戸市消防局航空機動隊の方をお迎えして、六甲山の出動事例や救助についてお話をしていただきます。SHMWのホームである芦屋ロックガーデンも実は関西でも有数の遭難件数が多いことを知っていますか!?どんな事例でヘリが出動するのか?自分たちも人ごとではなく、事例を学び、できるだけ件数が減るにはどういうことをしていけば良いのか?どういう意識をもってこれから山で遊ぶ人達に伝えていけば良いのかを一緒に考えていきましょう!

第三回 六甲山シンポジウム 内容
1,神戸市消防局航空機動隊による 30〜40分
2,参加者とのディスカッション 30分

日時:2017年11月29日 19:30- START
受付時間:19:00-
開催場所:神戸学生青年センター 最寄駅 阪急六甲駅歩いて5分位 

参加料:施設使用料一人500円
コチラ→よりクレジットカード決済でお申し込みください

皆様の参加お待ちしております!というか、SHMWのお客様、六甲山で遊ばせてもらっている方はマストです!


【“神戸市消防局航空機動隊の方からの六甲山の出動事例や救助についての貴重なお話が聞ける機会! 六甲山シンポジウム 2017 vol.3”の続きを読む】

11月のお休み

IMG_6281_20171030151615635.jpg

11月のお休みは、8(水)、10(金)、15(水)-16(木)、20(月)-21(火)、27(月)-28(火)です。

お休みの期間中はBASE通販やメールの対応ができません。休み明けの対応となります。

19(日)-23(木)まで、お店お休みとイベントのため、通販BASEカートのご利用や対応ができません。24(金)より、また開始させていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。



極上の温かさとフィット感バツグンのぬくぬくメリノウールソックス今シーズンも入荷! FITS / Heavy Rugged Boots

coal.jpg coal
navy.jpg navy
light brown light brown
ceries.jpg ceries
mineral blue mineral blue

s13spring_f1008_011.jpg

bgbootnavy.jpg

bgbootbrown.jpg image.jpg  

FITS / Heavy Rugged Boots / coal,navy,light brown,ceries,mineral blue / S,M,L / 2,600 yen+tax

11/18現在、全カラー、全サイズ在庫あり。コレなしでは冬場は過ごせない!SHMWでも冬場大人気のぬくぬくソックスが新色と共に今年も入荷!これから寒い日が待っていますが、特に室内のフローリングなんかが何気に足が冷えるもの。ぜひ普段ばきこそ、この快適あったかソックスをお試しください。奥様や彼女にプレゼントしたら間違いなく喜ばれるはず。足先寒がりな方は家出も外でもコレです!冬場の普段履きにヘビロテの方続出の超ラグジュアリーでヌクヌクなメリノウールソックス。真冬のハイキングやスキー&スノーボードはもちろん、寒がりな方の普段履きや室内履きにはコイツが一番!SHMWスタッフは冬場毎日履いてます(笑)しかも、毎日履いても臭くならないので洗濯回数も減らせる(笑)これからの寒い季節を快適に過ごすためのフィット感抜群のメリノウールソックスを是非お試しあれ!

1902年よりクレセントソックスという名前でUSAテネシー州のニオタという町で、アメリカで最も長い約100年という靴下生産を行っていた大御所ブランドが、これまでのノウハウを活かし、2010年よりニュージーランド産のハイクオリティーメリノウールを使い新たに立ち上げたブランドがこのFITS『フィッツ』。テネシーバレーで作られるMade with pride in the USAにコダワリ続けるソックスonlyブランド。

他社ではなかなかない18.5ミクロンの極細の糸を贅沢に使用した高品質ニュージーランドメリノウール。特に内側の肌に当たるメリノウールのパイルがソフトな肌触りでいかにも空気を溜め込んでくれて温かそうであるが、さらに履いてみるとマジで感動的な温かさとフィット感が感じられる。ブランドネームにしている通り、非常にソフトで今までにない多くの人の足に合うフィット感が最大のポイント。内側も柔らかいメリノウールのおかげで靴擦れを防ぎ、天然モイスチャーコントロールももちろんあり。



【“極上の温かさとフィット感バツグンのぬくぬくメリノウールソックス今シーズンも入荷! FITS / Heavy Rugged Boots”の続きを読む】

イベント詳細アップデート!MOUNTAIN LOOP ATTACK SERIES at Kyoto HANASE vol.2 by SHMW+RunField+KyotoWoods

11758941_10200742464640887_12601425_n.jpg
     
MOUNTAIN LOOP ATTACK SERIES in Kyoto HANASE vol.2
by SHMW+RunField+KtotoWoods


エントリーされた皆様
いよいよ開催まで1週間前となりました。

最終案内となります。確認のうえ、当日、お越しください。
詳細はスカイハイのこのブログ記事に記載されていますので当日までに必ずよくお読みください。
ルールなどは読んでなかったは、ご自分のイベントの進行上厳しくなるはずなんで...

また、Facebookでは随時、情報をアップしております。
Mountain Loop Attack Facebook

ーー集合場所ーー
旧花背別所小学校
https://goo.gl/maps/LVHqgiuWyqF2

駐車場は、そのちょっとだけ手前のおけやさん
https://goo.gl/maps/sEsMArH46w52

場所など、お間違えの無いようにお願いします。駐車場は台数に限りがあります。申込時にご連絡をいただいていない場合、基本、停めることができません。もし、まだ、駐車場の申し込みをされていない方で、これから申し込みをしたいという方はFacebookページ上からメッセージをいただき、予約をしてから場所を確保して、一日500円を当日支払いという感じになります。

<装備面でのお知らせ>
・コンパス&地図必携!
・ヘッドライト持参を忘れずに(スーパーロング、ロングの方)
・渡渉あり。確実に濡れますので、ドライマックスなどの替えの靴下、シューズ入れ等を忘れずに。
・簡易マーキングです。現地にて地図をお渡しします。早い段階で見たい方は、スカイハイまたは山食音でお渡しできます。
・朝はかなり冷え込みます(0~2度)。天気予報を見て、準備をお願いします。


<GPSデータ>
FacebookページにGPSデータを上げておきます。
GPS付きの時計、スマホの地図アプリ等に入れとくとナビゲーションに使えます。

<ゴール後>
ゴール後、山小屋にて、山食音のミールスを食べることができます。
また山小屋にはシャワーがありますが、水圧が弱い1台になります。譲り合ってお使いください。
移動して、温泉に入るというのもいいかと思います。
鞍馬温泉
https://goo.gl/maps/EdcErrc6Z6z
東山湯
https://goo.gl/maps/dv3tPgF5mkB2

充実した1日になるよう、スタッフ一同、準備をして、皆さんをお待ちしております。

Mountain Loop Attack事務局 西城克俊 北野拓也
協力 Kyoto Woods

11/17現在、若干名もう少し空きあります!参加希望の方は、Mountain Loop Attack専用申し込みBASEサイトで、クレジットカード決済にてエントリーしてください。また、備考欄にこのブログの下記必要事項もコピペしてエントリーしていただけると助かります!

山に対しての考え方やトレイルランニングの今後の方向性を考えた部分で考え方が同じベクトルという事で、RunFieldの西城氏と共同で定期開催を目標にFUN&HardCoreコンセプトのもと毎回開催しているイベント。山をRESPECTしながら本気で遊ぶためには、山のスキルや経験値、精神力はもちろんだが、最終的には生きて帰ってくるための体力や走力が無くてはお話にならない。いろいろな部分で強くなるためにも日本全国のヤバいトレイルにてLOOP(周回コース)を設定して強くなるための趣向を凝らしたイベントを各地で開催!コンセプトの詳細はfacebookのMountain Loop Attack Seriesのページをご覧ください。 

CIMG2035.jpg CIMG2050.jpg CIMG2086.jpg CIMG2118.jpg  


【“イベント詳細アップデート!MOUNTAIN LOOP ATTACK SERIES at Kyoto HANASE vol.2 by SHMW+RunField+KyotoWoods”の続きを読む】

1-2人用クロスオーバードーム&ソロイストためのfと超軽量自立式シェルターが入荷! HERITAGE / Crossover Dome

COD_top_zenkei.jpg cod_venti2.jpg sleeve1_2.jpg

HERITAGE / Crossover Dome / 35,000 yen+tax

11/13現在、3張在庫あり。自分も含め先日開催されたOMMレースでも、軽量化を意識する方に多く使われていた本家ヘリテージ社オリジナルversionの2017秋冬ロット分が少量入荷!SHMW別注とはスリーブやループのカラーが異なるだけで、重量や機能も全く同じなので、この春夏に買い逃していた方や探していた方はぜひこの機会にどうぞ!

通販BASEカートはコチラ→

乾燥時平均重量:700g(本体、ポール、スタッフバッグ込 乾燥時平均)
生地本体:15Dナイロンリップストップ
透湿ポリウレタンコーティング(耐水圧1,000mm/平方センチ、透湿量8,000g/平方メートル/24hr)
ポール:アルミ合金中空ポール(7001-T6)7.5mm径ショックコード内蔵
カラー:フォレストグリーン

cod_f_zenkei4_2017111316034892f.jpg cod_f_zenkei2_201711131603477ee.jpg cod_f.jpg cod_f_ent1.jpg

HERITAGE / Crossover Dome f / 33,000 yen+tax

11/13現在、2張在庫あり。こちらソロ用の究極のミニマル自立式シェルターも入荷!ツェルトで寝ている方にはもはやコレは天国としか言いようのない程完成された、これ以上削ることのできない安心感あるシェルター。SHMW別注とはスリーブやループのカラーが異なるだけで、重量や機能も全く同じなので、この春夏に買い逃していた方や探していた方はぜひこの機会にどうぞ!

通販BASEカートはコチラ→

素材:15Dナイロンリップストップ(透湿PUコーティング)
(耐水圧1000mm/平方cm、透湿量8,000g/平方m/24hr)
ポール:アルミ合金中空ポール(7001-T6) 直径7.5mm
乾燥時平均重量:600g(本体、ポール、スタッフバッグ込 乾燥時平均)
カラー:フォレストグリーン

IMG_7410_20170811142309cb2.jpg IMG_7426.jpg IMG_5804.jpg IMG_5805.jpg IMG_5803.jpg

HERITAGE×SHMW / Crossover Dome f / forest green-dark chocolate / 33,000 yen+tax

完売しました!来シーズンの次回再生産や入荷は未定です。秋冬の生産もありません。

昨シーズン大ヒットした1-2人用の超軽量自立式シェルタークロスオーバードームをさらに、ソロイストだけにフォーカスして余計な部分を削ぎ落としてよりミニマルにデザインされたクロスオーバードームfがついにリリース!「f」はfree,fusion,focus,flex,fast,frontier,force,feelの頭文字からインスパイアされ、山だけでなく、地球の自然をクロスオーバーして真剣に遊ぶ人達に向けてシンプルに付けられている。個人的にクロスオーバードームを発売から使わせて頂き、とんでもなく気に入ってしまい、ソロ用のさらに大胆に削り込んだモデルが欲しいと希望していたところ、遂に2017リリース!しかも、Sky High Mountain Works Limited Editionとして、スペックや機能性はそのままにカラー別注をして頂けることになり、限定数量で今回発売となった。

cod_f_size.jpg

cod_f_zenkei2.jpg cod_f_zenkei4.jpgIMG_7410_20170811142309cb2.jpg IMG_7426.jpg

made_in_japan.jpg

素材:15Dナイロンリップストップ(透湿PUコーティング)
(耐水圧1,000mm/平方cm、透湿量8,000g/平方m/24hr)
ポール:アルミ合金中空ポール(7001-T6) 直径7.5mm
乾燥時平均重量:600g(本体、ポール、スタッフバッグ込 乾燥時平均)
カラー:フォレストグリーン、ダークチョコレート(ループ)

SHMW Limited Edition Crossover Domeは、スペックや機能性はそのままに、HERITAGEオリジナルカラーで使用されているループやパーツカラーをダークチョコレートに変更して、全体をフォレストグリーンとコーディネートさせてシブいカラーに統一。スタッフサックと本体入り口下部にSHMWロゴを配置して、日本国内MADE IN JAPANで作られている。


【“1-2人用クロスオーバードーム&ソロイストためのfと超軽量自立式シェルターが入荷! HERITAGE / Crossover Dome”の続きを読む】

コダワリのクライマー、山好きなマウンテンランナーにぜひ試していただきたいフィット感抜群なスティッキーグローブ! Arc'teryx / Alpha MX Glove

Alpha-MX-Glove-Black.jpg IMG_1540.jpg

IMG_1532.jpg IMG_1530.jpg

フィッティング的には、かなりぴったりフィットで身長177cm、体重68kg、手と指の大きさ普通男性がMサイズをぴったりサイジングで使用している。最初、若干タイト目かなと思いきや、数回使用で指先まで少し伸びてフィットしてくれる

Arc'teryx / Alpha MX Glove / black / S,M,L / 10,000 yen+tax

コダワリのコアなアクティビストにオススメしたいアークテリクス今シーズンNEWリリースのグローブがこのAlpha MX Glove!アークテリクスウェアのカテゴリー同様、アルファーシリーズだけに軽量ミニマルなアイテムで、しかもMXシリーズというコダワリのハイブリッドアイテムだけにこのネーミングがつけられるのでコアなクライミングなどのアクティビティーをする方には必ずや納得してもらえるグローブとなっている。メインボディはGORE-TEX社のゴアウィンドストッパーを使用し、手の平はスティッキーなシンセティック合成素材をハイブリッド!この部分がまた個人的に非常に気に入っているポイントだが、ドライな岩や木々からの摩擦を保護してくれるのは当たり前だが、今回のこの素材が素晴らしいのは、「濡れた岩」でも滑らずスティッキーにホールドできるポイント。大切なポール、ピッケル、バイルなどを落とさずに確実に持てるのはもちろん、指先までこの素材で覆われているので、ビレーデバイスやカラビナ、ナチュプロなんかの細いかいギア類も物凄く持ちやすい!

IMG_4106_201711061411147a6.jpg Alpha-MX-Glove-Black-4200.jpg Alpha-MX-Glove-Black-4173.jpg Alpha-MX-Glove-Black-4185.jpg

スティッキーな合成素材のおかげはもちろんだが、アークテリクス社の指一本一本まで丁寧に作りあげるグローブへのコダワリがあるからこそ、細かいカラビナ一つのギアを持つホールド感も違いが出る。これは指の先まで入れてフィッティングして初めて分かるスゴさであるが、他メーカーではなかなかこの素晴らしいぴったりフィット感は出せないはず。クライミング最中に最大限指先までの感覚をどうしたら生かせるのか、非常に細かく指先が器用に動かせるようにデザインされている。これはクライマーだけでなく、真剣に山を遊ぶマウンテンランナーやバックカントリーなど、遊びにコダワル方には是非ともまずは手にフィットさせていただきたい!



【“コダワリのクライマー、山好きなマウンテンランナーにぜひ試していただきたいフィット感抜群なスティッキーグローブ! Arc'teryx / Alpha MX Glove”の続きを読む】

FC2Ad